最廉価版テスラ「モデル2」についてこれまでに判明している事まとめ

Tesla-Hatchback-Drawing TESLA News

電気自動車の世界では、近年、いくつかの画期的な要素技術について辛抱強く、かつ注意深く見守ってきました。固体電池、完全な自律走行、SPAC(訳注:特別買収目的会社)の合併によって実際に量産車が生み出されるかどうか。

電気自動車メーカー最大手であるテスラは、これまでにいくつかの自動車を発表してきました。

そのうちのいくつかは実現しましたが、多くはまだ実際に販売には至っていません(サイバートラックと第2世代ロードスター)。

テスラが約束したもうひとつの画期的なEVは、2万5,000ドルの最廉価モデル(通称モデル2)です。その実現は間近に迫っているようですので、これまでに判明していることをまとめてみました。

25,000ドルのテスラ

テスラのこの価格帯のモデルは、EVコミュニティの間では「もしも」の夢のような存在として語られていました。かつてテスラのCEOであるイーロン・マスク氏は、3万5,000ドル以下のEVを生産することはないだろうと述べていました。

実際、この3万5,000ドルという数字は、モデル3の発表時の大きなセールスポイントであり、テスラは3万5,000ドルのEVを提供するという長年の約束を果たすことを目指していました。実際にテスラはスタンダードレンジタイプのモデル3を一時的にですが、3万5,000ドルで販売しました。

その後、ご存知のようにモデル3の価格は大きく変動し、現在は希望小売価格41,990ドル(各種控除なし)からとなっていますので、結果として3万5,000ドルからはかなり離れた価格設定となってしまっているのが現状です。

それにもかかわらず、テスラは突然考えを変えて、2020年に開催された「バッテリー・デー」イベントでさらに安いテスラを開発、販売することを約束しました。

マスク氏自身も、2万5,000ドルのテスラモデル(通称テスラモデル2)を3年以内に完成させると予告しています。テスラのエンジニアたちがこの発表を聞いて頭を抱えていることに加えて、この新しいEVでは完全な自律走行が可能になるとイーロン・マスクCEOは当時約束しました。

現在のところ、実際のレンダリング画像や具体的な価格提示はなく、今後2年間で完全な自律性を実現できるという確証もありません。ましてや、「モデル2」という仮名以外の名前もありません。

それでも、新しい情報が入ってきましたので、ご紹介します。

テスラモデル2のイメージ

車両デザイン

テスラのデザインは、すべて中国から発信されています。今年の初めに、テスラが上海に研究開発センターを設立し、中国市場向けに2万5,000ドルのEVを開発することになったと報じました。

それに先立ち、テスラはすでに前述の中国製EVのデザイン応募を開始していました。同時に、テスラは小型電気ハッチバックの初期デザイン画を公開しており、これが次期EVのデザインの方向性として検討されているのではないかとの憶測が広がっています。

テスラによるハッチバックの初期イメージ

上記のイメージ図以外のものは、これまでに判明しているわずかなデザイン知識に基づいて、ファンが独自の「モデル2」を作成したものに過ぎません。

2万5,000ドルのテスラモデルの外観はさておき、その潜在的な内部機能については、少しだけ分かっています。(実際に実現しないものも含まれると思われます)

マスクCEOは9月に行われた全社会議で新たな詳細を明らかにしました。

この会議に出席した関係者が語ったところによると、マスクCEOは新型車のリリースを、完全な自動運転システムの展開を達成することと関連づけていたとのことです。さらに言えば、マスクCEOは会社の従業員に以下のように尋ねたようです。

「この車にステアリングとペダルを付けてもらいたいですか?」

この質問の意味するところは、マスク氏がこの新しい安価なモデル2に対してどれほど既成概念にとらわれない考えを持っているのか、あるいは、このモデル2の前にいくつかの次期EVが控えていることから、彼がどれほど「正気を失っているのか」を示していることになります。

いずれにしても、ペダルもステアリングホイールもない2万5,000ドルのテスラの新モデルが世界に登場する可能性が少なくともあることについて言及しないわけにはいきません。

それは、大量のEVを導入するための理想的なアプローチではないように思います。

このデザイン要素はまだギミックのように感じられますが、テスラは2年前にステアリングホイールとペダルのない車両の画像を公開し、2年以内にこのような物理的コントロールのない車両をリリースすることを目標としていると述べました。

ペダルもステアリングもないレンダリング画像 / 出典:Tesla

あれから2年が経ちましたが、いまだにハンドルやペダルに頼って運転しています。しかし、テスラ社の2万5,000ドルの「モデル2」の登場が予定されている今、この技術は実際に実行可能な選択肢となるかもしれません。

リリース予定時期

前述の全社会議でマスク氏は、テスラが2万5,000ドルのモデルの生産を2023年中に開始することを目指していると述べていました。

これまでの報道では、中国の研究開発センターで試作車が完成し、海外での試作が年内に開始されるとされていましたが、今回の報道ではそれとは異なるスケジュールとなっています。

どちらの情報も真実である可能性があります。少なくとも、テスラが実際にプロトタイプを既に持っていること、そして2年後に量産を開始することは事実です。しかし、年内に試作車の生産を開始することは、マスクCEOの2023年に開始する生産目標だけを見ても、現時点ではかなり可能性が低いと思われます。

2021年の試作開始は、2023年ではなく、来年の量産開始とより密接な関係があります。さらに、テスラが2万5,000ドルの価格帯を実現するには、進化するバッテリー技術に大きく依存することになりますが、それはまだ実現していません。

テスラの次期バッテリーセル「4680」

25,000ドルの価格実現のために

大きな要因は、バッテリーでしょう。

イーロン・マスクCEOが2020年に2万5,000ドルのテスラを発表したとき、その価格帯はテスラの新しいバッテリーセルとバッテリー製造の取り組みによって実現できるという注意書きがありました。テスラの4680型セルに搭載されているリン酸鉄型リチウム(LFP)イオンバッテーリーは、EVのバッテリーコストを50%以上削減することができます。

この高い目標を達成するのに、テスラが電池コストを大幅に削減しないというシナリオは考えにくいです。特に、テスラはモデル3の一時を除いて、現行モデルで4万ドル以下の価格を維持することができていません。

テスラのEV性能の将来的な可能性の多くは、LFPセルが拡張可能になったときになるでしょう。

この未来には、「モデル2」が含まれます。実際、25,000ドルのテスラは、テスラが目標とするバッテリー製造の目標によって実現できるかできないかはっきりが決まると言ってもいいでしょう。

その他のスペックと最新情報

上記の詳細を除けば、テスラの25,000ドルのEVについては他にあまり詳細にオープンになっていません。ここでは、これまで聞いた他の噂を最新のニュースと一緒にご紹介します。

テスラ史上最も安いモデルとなる「モデル2」は、200マイル(約320km)以上の航続距離を持ち、完全に自律走行すると噂されています。

また、そもそも「モデル2」という名称にならないといわれています。このことは9月に開催されたテスラの「全社会議」でイーロン・マスクCEOが明言しています。どのような名前になるにせよ、はやく市場投入してほしいものです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

完全自動運転ができるEVが300万円以下で発売されたら、その破壊力は相当なものでしょう。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました