テスラR&Dセンターが完成間近、25,000ドル車の生産を示唆

tesla-black2 TESLA News
この記事は約3分で読めます。

テスラの米国外初のR&Dセンター(上海)が完成に近づき、操業開始の準備が整ったようです。このテスラ中国のR&Dセンターが操業準備に入ることで、テスラの25,000ドル(約276万円)の自動車開発は生産に近づいていくと考えられます。

テスラのR&Dセンターでは、車両設計、車両ソフトウェア、ハードウェア設計などのエンジニアリング、材料エンジニアリング、パワートレイン/エネルギーエンジニアリング、R&Dオペレーションエンジニアリング、車両エンジニアリングなどの求人を現在も募集しています。例えば、テスラ中国では、プロトタイプショップのR&Dオペレーションスペシャリスト/エキスパートと、R&Dオペレーションスペシャリスト/ラボエキスパートを募集しています。

テスラ中国R&Dセンターがまもなく稼働します。車両設計、車両ソフトウェア、ハードウェア設計エンジニアリング、材料エンジニアリング、パワートレイン/エネルギーエンジニアリング、R&Dエンジニアリングオペレーション、車両エンジニアリングの7つのカテゴリーで、デザイナー/エンジニア/テクニシャンの求人が多数あります。

R&Dセンターがまだ稼働していなくても、テスラ中国のR&Dチームは怠けていないようです。今月初め、信頼できる情報源からの噂によると、テスラ中国は待望の25,000ドルのEVのプロトタイプを完成させたとのことでした。テスラのこの手頃な価格のコンパクトカーの話は、中国のR&Dセンターが発表されたときに初めて流れた情報です。

「このR&Dセンターは、テスラギガ上海ファクトリーにあります。私たちは今、ここに中国のR&Dセンターを建設しています。このR&Dセンターは、米国以外では初のテスラR&Dセンターでもあります。将来的には、中国でオリジナルモデルを設計・開発・生産し、ここで製造して全世界に販売したいと考えています。このR&Dセンターは、そのための出発点です」と、テスラ中国の社長であるトム・朱氏は過去に語っています。

2月に朱社長は、テスラの待望のこの25,000ドルのクルマが全世界で販売されることを共有しました。最近、中国の情報筋は、このコンパクトカーが早ければ今年の年末までに試作に入る可能性があると述べています。

テスラ中国は、25,000ドルの車両の試作を準備している可能性があることを裏付けるように、プロトタイプショップのR&Dオペレーションスペシャリスト/エキスパートの募集を行っています。このポジションは、エンジニアリング・プロトタイプ・ショップのレイアウトと製造ラインの構築を監督することが職務の一つです。また、試作車、内装、外装、車体、パワートレイン、シャシー部品などの製造工程を監督することも職務の一つである。

ギガ上海のエコ・アセスメント・レポートによると、テスラ中国は早ければ2022年に25,000ドルの車を生産することができるとのことです。テスラ中国は言葉を濁すわけではなく、これまでも目標を達成したり、破ったりしてきました。今のところ、テスラ中国の25,000ドルの生産目標が変更されたことを示唆するニュースや噂はありません。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

この廉価版テスラが販売されると、補助金入れて250万円くらいになりそうなので、そうなると国内自動車の産業構造にまで影響しそうなインパクトかも。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

紹介プログラムは2021年9月18日をもって終了しました

タイトルとURLをコピーしました