テスラは「空前の需要」で、店舗は販売の新記録を更新中

tesla-shop-Sales_02 TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラは先週突然世界的に実施された大幅な値下げを受け、現在米国で「空前の需要」を迎えているようです。

多くの店舗が販売台数の新記録を更新し、在庫がどんどん減少しているようです。テスラは先週、米国でモデル3およびモデルYの最大1万3000ドルの大幅値下げを実施しました。

テスラはこの値下げを「コストインフレの一部正常化」によるものだと主張しようとしましたが、業界の専門家の多くは、テスラが直近で明らかに減退していた需要を生み出すために大幅な値下げを必要とした、という意見で一致しています。

この大幅値下げから1週間たった今、今回の値下げがまさにその需要喚起に機能していることが見て取れる現象が起こっています。

この問題に詳しい情報筋が語ったところによると、北米の多くのテスラ店舗が1週間の販売台数の新記録を達成したとのことです。テスラの販売台数に詳しいある関係者は、値下げを受けて北米で「前例のない需要」が発生していると述べています。

tesla-sales_04
Credit:Tesla

テスラは中国でも値下げ後、同様の動きを見せています。

米国のいくつかの主要市場では、記録的な速さで在庫が減少しており、新規のカスタムオーダーについては、テスラは数日中に北米市場向けの製造枠を使い果たす可能性が高いと考えられまます。

これは通常、各四半期のかなり後半にならないと起きない現象です。

直接的な値下げによる販売台数の増加に加え、テスラの多くのモデルは、米国における電気自動車に対する新しい連邦税額控除(7,500ドル)の対象となることが決定しています。これにより、一部のテスラ車のコストが昨年に比べて30%も削減されるケースもあるのです。

先週述べたように、今回の値下げがうまくいくことは分かっていましたが、どの程度かは分かりませんでした。今回、いくつかの市場で過去最高の需要を生み出していることが確認できてよかったです。また、今日のXpengのように、他の自動車メーカーが大幅に価格を引き下げているのを目にするようになりました。

テスラはEVの価格戦争を始めたようなものですが、製造コストのコントロールができているテスラは、その価格競争に勝てる立場にあると考えられます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました