テスラ、今回の世界的な突然の値下げの理由は…

tesla-shop-Sales_02 TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラは、2023年1月12日、1月6日の中国を始めとしたアジア諸国に引き続き、北米、欧州で、モデルによっては20%以上の大幅値下げを行い、多くの人々に衝撃を与えました。この新価格はテスラからの公式発表がないまま公開されましたが、13日朝、ドイツで声明を発表し、なぜこのような大幅な値下げを行ったのか、その理由が明らかにされました。

tesla-shop

13日の金曜日にドイツで発表されたテスラの広報担当者の声明によると、テスラは、インフレ率の上昇とサプライチェーンの問題により1年以上連続して価格が上昇した後、「コストインフレの一部正常化」によって価格を下げ、消費者にとってより入手しやすい車にすることができた、と述べています。

「サプライチェーンに支障をきたした激動の1年の終わりに、コストインフレの部分的な正常化を達成し、この緩和を顧客に還元する確信を得たのです。」(ロイター通信経由)

多くの場合、値下げが急だったとはいえ、テスラがそれを実現できたのは、2022年には30%近くまで上昇した業界屈指の利幅があったからです。実際、モデル3およびモデルYでは、一部の市場でヒョンデのIONIQ 5、フォルクスワーゲン ID.3などの競合EVを下回るほどの低価格を実現している状況となっています。

値下げによってテスラの車が消費者にとってより手頃な価格になったことは確かですが、それは特にモデル3およびモデルYの値下げによってインセンティブが適用される国において顕著な現象となっています。

例えばカナダではモデル3 RWDバリアントが55,000カナダドル(約525万円)を下回る価格となり、5,000カナダドル(約48万円)のiZEVインセンティブが適用されるようになりました。この対象はまだテスラのウェブサイトには表示されていませんが、これはカナダのテスラ・ポリシー・チームがカナダ運輸省と詳細を詰めているためだと聞いていますが、まもなく承認されると思われます。

アメリカでは、値下げによってモデル3パフォーマンスおよびモデルYロングレンジの5人乗りバリアントが7,500ドルの税額控除を受けることができるようになりました。

欧州でも、いくつかの国でモデル3およびモデルYの価格が引き下げられたことにより、インセンティブや税金の払い戻しが受けられるようになっています。

テスラは米国だけでなく、欧州でもラインナップの大幅な値下げを実施しました。イギリスでは、8,000ポンド(約125万円)もの大幅値下げを行い、ドイツでは9,100ユーロ(約126万円)の値下げが最大の値下げ幅となっています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました