重厚なカモフラージュを施した2台のモデル3 – テスラは何を隠そうとしているのでしょうか?

TESLA News
スポンサーリンク

週末、2台のテスラモデル3が、クルマの前面と後面を覆う独特のカモフラージュを施されているのが目撃されました。テスラがモデル3のデザインを一新するというニュースが流れたことを考えると、この目撃談は、その下に何が隠されているのか、多くの人に非常な興味を引き寄せたようです。

最初の目撃情報は、金曜日の夜にツイッターユーザーの@omg_Tesla/Rivianによってもたらされました。彼は、パロアルトのテスラ本社から約1時間離れたサンタクルーズで、頑丈なカバーが付いた白いモデル3を発見し、その様子を動画と写真で共有しました。

この写真とウォークアラウンド動画は、特にその車両がテスラのものであり、メーカー独自のナンバープレートが付いていたことから、ネット上で多くの憶測を呼ぶ結果となりました。

その後、12時間も経たないうちに、パロアルトで全く同じカモフラージュをフロントとリアに施された赤いモデル3が目撃されました。こちらの写真はより遠くから撮影されたものですが、テスラ本社に近いことと、カモフラージュが完全に一致していることから、この車両もテスラのもので、メーカーナンバーが付けられていると考えてよいでしょう。(Reddit経由)

このようなカモフラージュを施したモデル3が1台でも面白いのですが、テスラがモデル3のデザインを変更すると分かった同じ週に、24時間足らずで2台が目撃されたことは、さらに興味をそそられます。

テスラは明らかに車両のフロントとリアバンパーのデザインを隠そうとしており、さらにヘッドライトとテールライトのかなりの部分を覆っていることから、これらの特徴が次のリフレッシュで大幅に変更される可能性があることがわかります。

一部のファンの間では、ヘッドライトの近くに追加のカメラが追加されていると推測していますが、それはカモフラージュの厚い被覆による単なるシワかもしれません。

テスラのモデル3は最初の発売から既に5年を経過していますので、そろそろ大幅なモデルチェンジがあってもおかしくないでしょうし、モデルSやモデルXは今年はじめにヨークハンドルを備えたリフレッシュ版として登場しています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました