テスラ、モデルS Plaid デリバリーイベントまとめ!

models-plaid-eventTESLA News

先日実施されたデリバリーイベント以降、いくつかの新しい情報も含めて新型テスラモデルS Plaidの情報を簡単にまとめます!

価格と航続距離

テスラは、6月10日に米国カリフォルニア州フリーモント工場において顧客への最初の納車を予定している待望のフラッグシップ・セダン、モデルS Plaidの価格を1万ドル(100万円)値上げしました。

今回の価格改定により、テスラモデルS Plaidは、レッドマルチコート塗装、ホワイトシート、Full Self-Drivingなどのオプション装着前で米国で129,990ドル(日本では1599万円)からとなります。また、従来のシルバーからグレーに変更された21インチのアラクニッド・ホイールを装備しています。モデルS Plaidは、1回の充電での航続距離が390マイル(628km)となっています。

https://www.tesla.com/ja_jp/models/design#overview

また、テスラが「Q4 and FY 2020 Update Letter」においてモデルS Plaidを発表した際、同社はこの車両のEPA推定航続距離を1回の充電で390マイルと記載していました。生産中止となったPlaid+のバリエーションは、1回の充電で500マイル以上とサイバートラックに近い航続距離を持っていました。

テスラは今回のデリバリーイベントで、モデルS Plaidの1回の充電での航続距離が390マイル(628km)になることを正式に発表しました。

バッテリーと電気モーター

モデルS Plaidは、18650型バッテリーを継続利用しつつ、セルを大幅に改良することが期待されていました。配信イベントの参加者からの動画では、フラッグシップセダンのバッテリーパックの映像がいくつか公開されており、そのうちの1つを以下でご覧いただけます。

テスラは、今回のデリバリーイベントにおいて、モデルS Plaidにこれまでで最も先進的な駆動モーターを搭載するとのことです。イーロン・マスクによると、この種のものとしては初めて、カーボンスリーブ付きのローターを搭載することを強調しました。彼は、炭素(C)と銅(Cu)を混ぜることは、「熱膨張率が非常に異なる」ため、きわめて難しい技術だと述べています。

他のテスラ車と同様に、モデルS Plaidにもシングルスピードのトランスミッションが搭載されます。イーロン・マスクは、「0-200mph(322km/h)までシングルスピードです」と語りました。彼は、このモデルS Plaidで2秒の壁を破ることができたことに言及し、5人乗りの4ドア市販車としてはかなりの偉業であると述べました。この車は、0-60mph(0-96km/h)を2秒以下で到達することができます。

マスク氏は、車のHVACシステムと称する、新しく改良されたヒートポンプを紹介しました。「寒冷地での航続距離は30%向上し、凍結状態でのキャビンの暖房には50%を必要とする」と述べました。 ヒートポンプを使用することで、モデルS Plaidは長時間、ピークパワーで走行することができます。モデルS Plaidがニュルブルクリンクで開発されたことを考えれば、それも納得できます。

スペシャル・Plaid・バッジ

テスラのモデルS Plaidは、この数ヶ月の間にいくつかの重要な変更が加えられています。これまでのテストユニットや量産前のモデルS Plaidには、後部に「PLAID」の文字が書かれたバッジが装着されていましたが、今回の納車イベントに参加した人たちは、このフラッグシップセダンには、イベント用ポスターの背景に見られるような、格子柄の新しいグラフィカルなバッジが装着されていることを明らかにしました。

アップデートされたヨーク・ステアリング

また、モデルS Plaidのヨーク・ステアリングは、側面が隆起したデザインに変更されています。これにより、モデルS Plaidのヨーク・ステアリング・ホイールのスクローラーにタッチでアクセスできるようになっています。これにより、ドライバーはステアリングホイールを見下ろすことなく、スクローラーの感触を得ることができ、より安全に運転することができます。

最も低い空気抵抗

テスラは、Windshear社が行ったテストに基づき、テスラモデルS Plaidの空気抵抗係数(Cd値)が0.208であり、それまで最も低いとされていた空気抵抗係数0.21のルーシッドエアを上回っていることを明らかにしました。参加者の中には、赤と黒のキャリパーを装着したテスラモデルS Plaidの車両に気づく人もいました。しかし、@klwattsは、黒のキャリパーはモデルS Plaidのテスト車両で目撃されたものだと指摘しています。

ソフトウェア

モデルS Plaidの特徴やディテールについて、「この車のエンジニアリングは、実にエイリアンのようなものだと思います」とマスク氏は述べています。

イーロン・マスクは、次のソフトウェア・アップデート以降に提供される新しいUIも紹介しました。このUIには、新しいカレンダーが含まれており、ドライバーが必要とする場所に応じて車を走らせることができます。 また、今回のイベントでは、テスラのドライバー向けにウェイポイントを追加することができるようになりました。

マスク氏は、このクルマがプレイステーション5レベルの性能を持っていることを、エンターテインメントの目的でも少し話し、モデルS Plaidのインフォテイメントシステム上で動作するCyberpunkの映像を公開しました。

安全性

モデルS Plaidは、他の車と同様、安全性を最重視して作られています。マスク氏は、モデルS Plaidが「どのポルシェよりも速く、どのボルボよりも安全」であると述べました。また、テスラはモデルSを世界で最も安全な車のひとつにすることを目指していると述べました。
「NHTSA(米国運輸省道路交通安全局)はモデルS Plaidをテストしなければなりませんが、テスラは目標を達成する可能性が高いと考えています」と、イーロン・マスクはモデルSについて語りました。加えて、NHTSAが発表した傷害発生確率が最も低い車のトップ5がテスラ車であることを強調しました。

クラッシュテストでの総合的な傷害発生確率ランク 上位5位は全てテスラ

イベント映像

モデルS Plaidのデリバリーイベントの様子は以下の動画でご覧いただけます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

先に先に、未来に向かって行く「エイリアン」です。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

tesla_bannar
https://www.tesla.com/jp/referral/seikai44555
※バナークリックで米国サイトが表示される場合は、サイト右上「Menu」から「Japan 日本語」を選択!

オンラインでの購入にぜひ無料特典の追加をお忘れなく!

タイトルとURLをコピーしました