テスラ、全世界で4万台目のスーパーチャージャーを設置完了

tesla-supercharger-01 TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラは、現在、世界中で4万台ものスーパーチャージャーが稼働しており、世界最大のDC急速充電ネットワークであると公表しました。

この急速充電網である独自のスーパーチャージャー・ネットワークは、テスラの成功に欠かせない存在となっています。テスラが電気自動車事業に参入した当初は電気自動車自体が黎明期であり、成功するには電気自動車をサポートする充電インフラの整備をサードパーティ企業に頼ってはいけないとすぐに気づいたことが自社での拡大の契機となっています。

そこでテスラは、ユーザーの充電体験をコントロール可能で、電気自動車生産拡大の計画を維持するために他社に頼る必要がないように、DC急速充電器の自社ネットワーク、スーパーチャージャーネットワークの構築に投資したのです。

それから10年後の現在、テスラのスーパーチャージャーネットワークは、世界最大の、そして間違いなく最高のDC急速充電器ネットワークとなっています。

2022年11月23日、テスラ社は世界中に4万台のスーパーチャージャーを設置したことを発表しました。

そしてこの膨大な4万台ものスーパーチャージャーは、地球上の4,000以上の異なる場所に設置されています。テスラは今年、1万基以上のスーパーチャージャーを追加し、充電ネットワークの拡大も加速しています。

多くの新しいステーションを配備することに加え、テスラは自社がこれまで構築してきた充電ネットワークにいくつかの重要な変更を計画しています。

テスラは、スーパーチャージャーネットワークをテスラ車以外の電気自動車にも徐々に開放し始めており、その過程で、最大のEV充電プロバイダーとなりつつあります。テスラは現在、欧州全域で数百のステーションを開放しており、北米でも同じように準備を進めているところです。

その中で、北米のすべてのスーパーチャージャーに唯一搭載されている充電コネクタも最近開放し、北米の新しい充電標準になることを期待しています。

さらにテスラは、次の新しい第4世代のスーパーチャージャーの拡大にも取り組んでいます。ピーク充電量を高め、テスラ以外のEVも利用しやすくすることが期待されているこのスーパーチャージャーV4ステーションは、順次配備される予定です。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました