テスラアプリから判明、他社へのスーパーチャージャー開放プログラムがまもなく米国で開始か

supercharger-close TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラは、昨年末に欧州で非テスラ車のスーパーチャージャー利用に関するパイロットプログラムを開始し、他の電気自動車(EV)の所有者がオランダのスーパーチャージャーネットワークを使用できるようにしました。

モバイルアプリの最近のいくつかの変更から類推されることとして、テスラは近々、このプログラムを米国に拡大する準備を進めているようです。テスラがノルウェーで自社の高速充電網スーパーチャージャーを開始したとき、個々のストールの空き状況に関する情報がモバイルアプリに追加されました。テスラ以外のEV所有者が充電セッションを有効にして課金されるためには、アプリで空きストールを選択する必要があったからです。

テスラ関連のハッカー@greentheonlyによると、現在は表示されていない状態ですが、この情報は北米のモバイルアプリでも確認できるようになったとのことです。

@greentheonlyは、個々のストールに「CHARGER_AVILABLILITY_AVILABLE」(充電器利用利用可)または「CHARGER_AVILABILITY_OCCUPIED」(充電器利用使用中)というステータスが割り当てられることを示す新しいコードのスクリーンショットを共有しました。

これまでは、充電ストールの空き状況について、総充電ストール数と空き状況(例:16基中11基が空き)しか集計されていませんでしたが、今後は、ストールの空き状況も集計されるようになり、状況を詳しく把握することができます。

北米におけるスーパーチャージャーステーションネットワーク

@greentheonlyによると、この情報は、以前はアプリがクルマに要求する方法で集めていたが、現在はアプリが直接サーバーに問い合わせるように変更されたとのことです。あるツイッターユーザーは、これが欧州のテスラ以外のスーパーチャージャー試験プログラムのモバイルアプリで情報を表示するために使用されているのと同じクエリであることを認めました。これは、テスラがこのプログラムを米国に拡大するのが近いことを意味する可能性があるということです。

ホワイトハウスの文書によると、テスラは今年末までに、テスラ以外のEVを米国のスーパーチャージャーに接続できるようにする新しい機器の生産を開始することになっていました。

ポジティブな面では、テスラが米国内の他のEVにスーパーチャージャーネットワークを開放する準備をしていない場合、この新しいコードは、少なくともモバイルアプリでより詳細なスーパーチャージャーの占有状況をすぐに確認できるようになることを意味します。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました