テスラ、米国で高速充電スーパーチャージャーネットワークを他社EVにも開放する準備を開始

supercharger TESLA News
スポンサーリンク

テスラが、政府の資金提供を受けて、米国内のスーパーチャージャーネットワークを他社EVにも開放する準備を進めています。同メーカーの計画に関する最初のリーク情報は、7月上旬にホワイトハウスの文書に掲載されました。

テスラは、米国でスーパーチャージャーネットワークを他社の電気自動車に開放するための準備を積極的に進めている段階です。文書によると、メーカーは公約に沿って政府の資金を得ようとしているようです。バイデン政権は、米国内のEV充電インフラの成長を加速させるための資金を提供すると約束しています。

supercharger-2

テスラは、全メーカーのEVオーナーを支援する取り組みを強化し続けています。同社が欧州で行った他社EVへの開放に関する試験的なプログラムは成功を収めているようで、すでに13カ国でテスラ以外の車向けにテスラブランドの充電ステーションが開放されています。これは、電気自動車市場の発展と、環境に優しい車を選ぶ人々を継続的に支援することを意味しています。この取り組みは、持続可能なエネルギーへの移行を加速させるというテスラのミッションに直接的に貢献するものです。

2022年6月28日付けの「ファクトシート:バイデン-ハリス政権、EV充電をより手頃でアクセスしやすくするために7億ドル以上の民間セクターに対するコミットメント」と題する文書には、テスラが他メーカーの電気自動車に同社のスーパーチャージャーを提供する準備ができていることが記載されています。

このファクトシートによると、テスラはバッファローに拠点を置く工場、ギガ・ニューヨークへの投資を拡大し、新たなスーパーチャージャーの生産と配備を支援するとしています。さらに、この動きは、北米のテスラ以外の電気自動車のドライバーがテスラのスーパーチャージャーを利用できるようにする、新しいスーパーチャージャーのハードウェアの生産を開始することも目的としています。

「テスラは、ニューヨーク州バッファローのギガファクトリーで、急速充電ネットワークに追加する新しい急速充電ステーションの展開をサポートするための投資を行っています。ギガ・ニューヨークでは、1,600人以上の従業員がテスラ・ソーラー・ルーフや最大250kWの車両充電が可能なスーパーチャージャー・ステーションを生産しています。テスラは、交流を直流に変換するパワーエレクトロニクス部品、充電キャビネット、支柱、ケーブルの生産能力を拡大しています。今年後半には、テスラ以外の北米のEVドライバーがテスラのスーパーチャージャーを利用できるようにするための新しいスーパーチャージャー機器の生産を開始する予定です。」

テスラが要求した資金は、スーパーチャージャーの配備を加速させ、米国でより多くの電気自動車用充電ステーションが利用できるようになることを意味しています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました