数字で見る、テスラは近年一体「何」で儲けているのか?

model-3-back-red TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク
主なポイント
  • テスラには自動車以外のものもある:このEVメーカーは、排出権クレジット取引とエネルギー貯蔵関連からも利益を獲得している。
  • テスラはコロナによるロックダウンの間、生産問題と工場閉鎖に苦戦した。しかし、最新の業績報告書によると、ギガファクトリー・ベルリンは1週間で1,000台の生産というマイルストーンを達成した。
  • テスラは2021年を55億1000万ドルの純利益で終えた(2020年比665%増)。

テスラの創業者を取り巻く絶え間ない話題は別として、最近の株式分割とインフレ抑制法によって、この電気自動車(EV)メーカーに通常よりも多くの目が向けられていることは、何か、変化のための実質的な何か、と言っていいでしょう。テスラの株式分割の背景となる財務については、すでに深く掘り下げたので、実際のビジネス、つまり経営の基本がどうなっているのか、同社の財務と収益源を見てみたいと思います。

Credit:Tesla

テスラといえば電気自動車を連想する人が多いと思いますが、同社には他にも収益源があり、19年の歴史のほとんどで生産上の問題や利益を上げることができないことに苦しみながらも、経営を維持していることはよく知られています。

収益

どのような企業であれ、収益源とそれに関連する費用を考慮することは不可欠です。テスラの収益の大半は自動車販売によるものですが、エネルギー面でも有意義な進展が見られるのです。

テスラを支えているのは、排出権、すなわちその販売です。テスラは電気自動車を製造しているため、クリーンエネルギーに関する政府のさまざまな優遇措置から炭素クレジットを受け取ることができます。テスラは、この排出権を他の自動車メーカー、例えばゼネラルモーターズGMに販売するのです。批評家は、これらの競合自動車メーカーはいずれ、テスラの規制クレジットの支援なしに電気自動車を作る方法を見つけ出すだろうと指摘しています。

テスラは最近、ベルリンとテキサス・オースティンの新工場で今後生産を拡大することができると発表しました。第2四半期の決算報告書によると、ベルリン工場では1週間で1,000台を生産し、テスラにとって大きな節目となっっています。

利益動向

テスラは、多額の資金を投入して生産を拡大し、製造上の問題を解決してきました。テスラは2020年に売上高315億ドル(他の自動車メーカーからの排出権規制クレジット支払によるものは15億8000万ドルのみ)、純利益7億2100万ドルを計上し、初めて通年で黒字化しました。これは、前年の2019年の8億6200万ドルの赤字と比べると、大きく黒字に転換したことになります。

2021年のこの時期、多くの専門家が「テスラはもはや排出権に頼らず、自動車販売だけで黒字化できるのではないか」と考えていました。そして、中国への進出により、2020年の499,550台から2021年には936,172台を納車しつつ、自動車販売で55億1,000万ドルの利益を上げることに成功したのです。

その後、テスラは2021年第2四半期に11億9000万ドルの利益(3億5400万ドルはクレジット販売によるもの)を発表し、収益性を次のレベルへと引き上げ、55億1000万ドルの純利益で2021年を終えました(2020年比665%増)。

テスラの事業内容

テスラは2022年第2四半期の決算報告で、車両納入台数の増加、平均販売価格の上昇、その他の事業の成長により、総収入が前年同期比42%増の169億ドルになったと発表しました。

テスラというと電気自動車だけを連想するかもしれませんが、同社は複数の収益源で収益性を高めています。

自動車販売

テスラの収益の大半は、自動車販売によるものです。上記の通り、同社は2021年にほぼ100万台の電気自動車を納入しており、2022年には150万台の納入を見込んでいます。

テスラは2022年第2四半期に25万8000台以上の車両を生産し、25万4000台以上の車両を納車しました。2022年6月は、同社史上最高の車両生産月(合計12万台と推定)となりました。

排出権クレジット

世界各国の政府は、排出権クレジットと引き換えに自動車メーカーに電気自動車を開発するようインセンティブを与えている。テスラは電気自動車を販売するだけなので、これらのクレジットを無料で受け取り、規制要件をまだ満たしていない他の自動車メーカーに多額の販売をすることができるのです。

テスラが2022年第2四半期に約3億4400万ドルの自動車規制排出権クレジットの収益を上げたことは注目に値します。さらにズームアウトすると、テスラは2021年に規制クレジットから14億6000万ドルを生み出していることがわかります。

同社は財務報告書に自動車収益を規制クレジットと一緒に記載しており、これらのクレジット販売は長年にわたって同社にとって切望された収益を生み出してきました。2021年4月に米国証券取引委員会がこれらの規制クレジットについて質問し、なぜ同社がこれらを別枠で記載しないのかを知りたいと考えたため、この収益の流れを別枠として記載するようになりました。

また、米国証券取引委員会は、規制クレジットの売上を自動車販売に含めることが、同社の売上総利益に好影響を与えていると指摘し、規制当局は、クレジットの売上が自動車リースなど他の収入源を上回っていることについて取り上げたのです。

テスラはこの動きに対して、ある項目から得られる収入が他の項目の10%以上でなければ、他の項目と合算することができ(2020年の自動車販売総額のうち、規制クレジットの売上高は約6%を占める)、その数字を合算することが正当化されると回答しています。

エネルギー生成とストレージの収益

テスラには、エネルギー生成とストレージから収益を生み出す3つの主要製品があります。同社は、持続可能なエネルギーシステムの構築に専念しており、パワーウォール、メガパック、ソーラールーフの生産につながっています。

この3つの製品について、簡単に説明します。

パワーウォールは、家庭や企業向けの蓄電装置です。この充電式ホームバッテリーシステムは、太陽光発電によるエネルギーを蓄え、必要に応じて利用できるようにするものです。このバッテリーシステムは、夜間の電力供給や、停電時のバックアップ発電機として機能します。

メガパックは、グリッド用のエネルギーを安全かつ確実に貯蔵するユーティリティ・ストレージ・ユニットです。各ユニットは3MWh以上のエネルギー(3,600世帯の1時間分の平均電力量に相当)を保持することができます。

テスラのソーラールーフは、自宅のエネルギー生産量を最大化するように設計されており、自宅の美観を高めると同時に、電気代を削減することができるとされています。テスラは、太陽光発電の設置チームが、より大量に設置できるよう、設置の効率化を続けていると報告しています。同社は最近、ストレージ製品の需要増に合わせ、メガパック専用工場での生産を増強しているとも発表しました。それでも、ストレージ製品の需要は供給を上回っているのが現状です。

2021年のテスラのエネルギー関連の収入総額は27億8000万ドルです。しかし、この年のエネルギー収入のコストは29億1000万ドルであり、この分野では1億2900万ドルの赤字となっています。

サービス・その他

テスラの最後の収益の流れは、報告書に「サービスその他」と書かれています。この流れには、古いテスラ車のサービスが含まれ、同社は商品、テスラ直営のコリジョンセンター、相対サービスの成長も範囲に入っています。テスラは、電気自動車への関心が高まり続けているため、中古車ビジネスは好調を維持していると述べています。

スーパーチャージャーステーションもこのサービスカテゴリーに含まれることになり、テスラは、持続可能なエネルギーへの移行を加速させるため、顧客やテスラ以外のユーザーへのサービスを続けています。

この動きは会社の収益には反映されませんが、テスラは第2四半期末までにビットコインの75%を現金に交換したと発表しました。ビットコインの現金への転換により、同社はバランスシートに9億3600万ドルを追加しています。

結論

テスラに投資すべきなのでしょうか?

同社は最近、個人投資家が購入しやすい価格にするために株式分割を行いました。

また、テスラの自動車販売台数が年々増加する中、電気自動車市場にも多くの注目が集まっています。クリーンエネルギーを信じ、電気自動車やグリーンエネルギーが未来だと感じている方は、テスラへの投資を検討されてはいかがでしょうか。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました