テスラ・ギガ・ベルリン、モデルYの生産能力1,000台/週を達成

giga-belrin-1000 TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

今年の3月から正式に稼働を開始した欧州初のテスラ最新工場、ギガファクトリー・ベルリンは今週、重要な節目を迎えました。ドイツにあるこの工場は、週当たり1,000台のモデルYの生産能力を達成し、素晴らしいスタートを切りました。現在増設中のバッテリーラインの立ち上げが終われば、ギガファクトリー・ベルリンの生産能力は大幅に増加するはずです。

giga-berlin-elon-model-y
Credit:Tesla

ギガファクトリー・ベルリンのグランドオープンは2022年3月22日、わずか3カ月弱前のことです。規制当局の監視の下、同社は1シフト体制で生産を開始し、これまでに数千台の車両を製造してきました。4月中旬の時点で、ギガファクトリー・ベルリンは週当たり約350台のモデルYを生産していましたが、第2勤務シフトを導入して以来、これが大幅に改善されたということです。

5月20日には2交代制での操業を開始しましたが、コロナウィルスの強力な発生で国内の多くの製造工場が閉鎖された中国からの部品供給に問題があり、すぐに生産を増強することはできませんでした。しかし、状況が安定すると、ギガファクトリー・ベルリンは操業を開始した。

先週、テスラのイーロン・マスクCEOは社内メールで、ギガ・ベルリンの週間生産能力が1,000台近くに達したことを従業員に伝えました。今週初めの追加対応で、新たな成果が得られたことになります。

テスラは今週、ギガファクトリー・ベルリンのモデルYの生産能力が1,000台に達したことを粛々と発表しました。これは、欧州における同社の自動車流通・販売の原動力となる工場にとって、新たな非常に重要なマイルストーンとなるものです。

現在構築中のバッテリー工場が稼動すれば、モデルYの生産台数は大幅に増加する見込みです。作業員が新しい製造工程を習得すれば、フロントとリアの一体型メガキャスティング部品とストラクチャラル・バッテリーパックを使用することで、1台の車の製造にかかる総時間が大幅に短縮されるでしょう。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました