テスラの1対3株式分割について知っておくべきこと

stock-tips TESLA News
スポンサーリンク

テスラ(NASDAQ: TSLA)が提案した1対3の株式分割は、個人投資家にとって株式をより手頃な価格にし、従業員の資本管理をより柔軟にするためのもう一つのステップです。この意味するところはどういうことでしょうか?

2022年3月、テスラは株式分割を実施する意向を発表し、その後、誰もがその詳細についてさらなる明確化を期待していました。今月、同社は米国証券取引委員会(SEC)に書類を提出し、1対3の株式分割を行う意向であることを表明しました。同社は、8月の年次株主総会においてこの株式分割に関する投票を投資家に呼びかけました。

  • 2022年3月28日:テスラはSECにForm8-Kを提出し、株式分割の意向を表明
  • 2022年6月06日:この日の営業終了時点の全株主が年次株主総会にリモート参加するよう招待
  • 2022年6月10日:テスラは米国証券取引委員会に1対3の株式分割の計画を発表する書類を提出
  • 2022年8月04日:2022年の年次株主総会で、1株を3株に分割することを株主が投票

初めて投資される方にとって、株式分割は分かりにくいものですので、その仕組みについて説明します。安心していただくために、テスラは株式分割が初めてではないことを知っておいてください。2020年8月、同社は5対1の株式分割を行いましたが、非常にスムーズに進み、株価を1株あたり2000ドル以上(分割前)にまで押し上げたほどです。だからといって、今回も新たに株式分割を行えば、必ず株式の価値が上がるというわけではないことに留意してください。

tsla-2206
https://finviz.com/

この株式分割が行われた場合、各株主は保有株式1株につき3株を受け取ることになります。一方、1株あたりの価値は、変更の効力が生じた時点の1/3となります。実際には、株主はより多くの株式を受け取ることになりますが、その価値の合計は分割前の少ない株式数と同じになります。つまりどんな場合でも株式分割自体は株価にニュートラルな行為です。

しかし、この株式分割によって、より低い価格で1株丸ごと買うことができるので、将来の投資家にとってはプラスとなります。株を購入する際、その一部ではなく全体を購入する余裕がある方が、人は株を買いやすくなるのです。さらに、株式分割は、ストックオプションの付与を受けた従業員に、資本運用の柔軟性を与えます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました