テスラ(TSLA)、3:1の株式分割を発表

stock-tips TESLA News
スポンサーリンク

テスラ(NASDAQ: TSLA)は、取締役会が同社の普通株式について3:1の分割を実施するために動いたことを発表しました。この株式分割は、従業員と投資家の両方にとって、TSLA株式の所有がより利用しやすくなるものです。

https://finviz.com/quote.ashx?a=117036537&t=TSLA

テスラは2022年6月10日金曜日、SEC(米国証券取引委員会)に14A申請書を提出し、8月4日に開催される2022年の年次株主総会の計画を明らかにしました。14A申請書に記載されたいくつかの議題とともに、テスラは普通株式を3:1の割合で分割する意図を説明し、これにより株式分割が行われる日に利用可能な株式数が3倍になり、価格も3分の1に分割される予定です。この株式分割は、会社の評価には影響せず、単に上場企業の利用可能な普通株式数を増加させ、一方で投資家にとって株式をより手頃な価格にするために価格を低下させるものとなります。

「授権株式数の修正の主な目的は、株式配当の形で当社普通株式の3対1の分割(以下、「株式分割」)を促進することです。」とテスラは提出書類で述べています。

「2022年6月6日現在、当社の発行済普通株式数は1,036,390,569株であり、現在の当社の普通株式の授権株式数は200万株で、本株式分割を実現するには不足しています。当社取締役会は、授権株式数の修正に関する株主の承認を条件として、またそれを前提に、本株式分割を承認する意向です。」

テスラは2020年8月11日に5:1の株式分割を宣言し、8月31日(月)にその効力が発生しました。分割前の1株あたりの価格は2,213.40ドルでした。その後、株式は442.68ドルで取引されました。

興味深いことに、テスラは株主総会の第4号議案として、普通株式の授権株式数を4,000,000,000株増やしたいとも述べています。

「当社の定款には現在、2,100,000,000株の発行が認められており、その内訳は普通株式2,000,000株(額面0.001ドル)と優先株100,000,000株(額面0.001ドル)と記されています。授権株式修正案は、テスラの普通株式の授権株式数を2,000,000,000株から6,000,000,000株へ増加させることを規定するものです。授権株式修正案は、優先株式の授権株式総数を変更するものではありません。」

「我々は、普通株式の授権株式数を4,000,000,000株増加させるために、修正証明書案に特定の条項を含めることを採択する投票を株主に提出します。」とテスラは述べています。

テスラは、株式分割は「当社の普通株式の市場価格をリセットし、従業員がより柔軟に株式を管理できるようになり、これらすべてが株主価値の最大化に役立つと当社は考えています」と述べています。「また、個人投資家が当社株式への投資に高い関心を示していることから、本株式分割により、個人株主の皆様にも当社普通株式がより身近なものになると考えています。」と述べています。

テスラ株は、金曜日に696.69ドル(同社にとって適切な価格)で取引を終えました。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました