テスラ、アプリで他社EVのスーパーチャージャー利用環境構築

tesla-super-charger TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラは、米国でテスラ以外の電気自動車がスーパーチャージャーにアクセスできるようにするための取り組みを続けています。同社は新しいアップデートで、テスラ・アプリに「非テスラを充電する」オプションを追加しました。

テスラは、米国でスーパーチャージャーネットワークを他の電気自動車に開放するための準備を積極的に進めています。同社は、米国国内でテスラ以外の電気自動車のスーパーチャージャーへのアクセスを導入するための基盤整備の最中のようです。FriendOfElon/Twitteによると、アップデートされたテスラアプリには、新しく非常に興味深い機能「Charge Your Non-Tesla(あなたの非テスラを充電)」機能が搭載されています。これは「プロダクト・スイッチャー」リストの一番下にあり、自分のアカウントで複数の車にアクセスできる場合にのみ表示されるようです。

このオプションを確認すると、今現在実際には、他社EVの充電用として米国国内のスーパーチャージャーが提供されていないため、まだ機能しません。あるケースでは、ウォールコネクターへのアクセスのみを提供されましたようです。これは、テスラがまだ充電ネットワークのアクセス開放に取り組んでおり、テスラ以外のEVに提供する準備が整っていないことを示しています。しかし、これは同社がすでに米国でこのオプションを開始することに非常に近づいていることを示す、最初の明確な兆候の1つとなっています。

7月上旬には、テスラがバッファローに本拠を置くギガ・ニューヨークへの投資を拡大し、新たなスーパーチャージャーの生産拡大と配備を準備していることが明らかにされました。さらに、この動きは、北米のテスラ以外のEVドライバーがテスラのスーパーチャージャーを利用できるようにするための新しいスーパーチャージャー・ハードウェアの製造開始も目指しています。

テスラは、あらゆるメーカーのEVオーナーをサポートするための取り組みを引き続き強化しています。欧州での試験的なプログラムは成功を収めているようで、すでに13カ国でテスラ以外の車種向けにテスラブランドの充電ステーションが開放されています。これは、電気自動車市場の発展と、環境にやさしい車を選ぶ人々への継続的な支援となります。この取り組みは、持続可能なエネルギーへの世界の移行を加速させるという同社のミッションに直結しています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました