インフレが自動車産業を襲う中、テスラはどう対処しているのか?

tesla-model-s-black TESLA News
スポンサーリンク

ここ数カ月、世界中でインフレ圧力が原材料価格を直撃する中、自動車業界は投資家と消費者の双方を満足させるために苦心しています。電気自動車メーカーのテスラもインフレの影響を免れることはできず、他の自動車メーカーと比較してどのような状況になっているかは、まだ判断がつかない状況です。

バロンズによると、米国の新車の消費者物価指数は2021年の年初以来約15%上昇しており、エコノミストは、新しいグレードや運転支援システムなどのアップグレードにより、新車の価格はさらに上昇していると考えています。テスラの自動車価格は、イーロン・マスクCEOが自動車メーカーが「厳しい四半期」を過ごしたと述べた数週間後に、テスラの多くのモデルで約30%も上昇しています。

考えてみると、今4万ドルする平均的価格の新車は、1年前なら3万2千ドルしかしなかったはずです。テスラのモデル3は、2021年に入ってから約3万7千ドルから4万7千ドルに値上がりし、27パーセントもの価格上昇を記録しています。モデルYは約32%増の6万6千ドル、モデルSとモデルXはそれぞれ約2万5千ドル、3万1千ドルの値上げで約30%の値上げとなっています。

一部の投資家は、自動車価格の上昇によって新車の需要が失われることを懸念しているようですが、テスラのオンライン注文コンフィギュレーターで確認できるように、現在、数カ月に及ぶ受注残があります。そういう状況でも、投資家が大量に株式を売却するのを止めることはできず、テスラの株価は約40%下がり、ゼネラルモーターズ(GM)とフォードもともに約46%下げて取引されています。

苦しんでいるのは自動車メーカーだけではありません。自動車部品サプライヤーであるマグナ・インターナショナルとアプティブの株価は、それぞれ約32%と48%下落しました。多くの市場が景気後退に直面しているにもかかわらず、自動車産業ほど早く、そして確実にその影響を受けている市場はありません。

5月の新車販売台数は、年間予想1300万台を下回り、RBCのアナリスト、ジョセフ・スパック氏は、この水準を「リセッション的」と表現している状況です。テスラをはじめとする自動車メーカーはまだ新しい市場で機能しており、電気自動車は今後も存在し続けるが、需要減退という投資家の懸念は裏付けられつつあるようです。しかし、投資家の中には、今が低プレミアムで特定の銘柄を購入する絶好の機会だと考える人もいるでしょうし、テスラの株価はすでに新しい底値に達している可能性があると予想する人も多くいます。

いずれにせよ、2022年にテスラが単にEVを作るだけでなく、どれだけ多くのことを行うことになるかは注目に値します。いくつかの異なる指標で世界最大のEVメーカーであり、他の自動車市場とともにインフレとの闘いに直面してはいますが、テスラにはまだ追求すべき他の道があるのです。

オプティマスロボットの開発、完全自動運転システムによる将来のロボタクシーの可能性、ソーラーエネルギーやバッテリーストレージなど、テスラは長い目で見て、EV業界でさらにトップに立つことができると言ってよいでしょう。

tesla-bot2
Credit:Tesla
この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました