テスラ株の最近の下落は、株価の転換点になるのだろうか?

tesla-s-recent-fall-mark-a-turning-point TESLA News
スポンサーリンク

テスラの株価が最近の下落に直面しているため、多くの投資家は、より大きな市場に影響を与えるプルバックの中で、下値がオーバーシュートすることを恐れています。しかし、一部の投資家は、テスラの株価は新底値に近いと考えており、その軌道の転換点となる可能性があると述べています。

フォーブス誌によると、テスラのような成長株は、極めて忠実な投資家によって経済全体の低迷にもかかわらず、最近の下落で底を打ち始めている可能性があるとのことです。テスラの株価は本稿執筆時点で最高値から40%以上下落しており、同銘柄の長期的な見通しに強気を維持している多くの投資家は、これを予算内で購入するチャンスと見ているのです。

フォーブスは、テスラ株の下落と投資家層の忠誠心の高さを合わせて、このハイテク成長株が底を打ち始めた可能性を示しているようだ、と指摘しています。しかし、テスラCEOのイーロン・マスク氏が抱えている問題を考えると、マスク氏がテスラにどれほど集中しているかどうか、疑問視する声もありまする。さらに、フォードやゼネラルモーターズなどのレガシーカーメーカーが電気自動車をどんどん生産しているため、競争の激化は今後もテスラにとって課題となると考えられます。

それでも、投資する場合は慎重に行動することをお勧めします。特に、テスラのような成長株は、従来の銘柄に比べて安定性に欠ける可能性があります。フォーブスは、テスラが成功するたびに、同じような企業が何十社も倒産していることを指摘しています。

フォーブスは、ファクトセットとブルームバーグのデータを使って、ラッセル3000に含まれる銘柄の40%以上が70%以上の下落に見舞われ、一度も回復していないことを明らかにしています。

このリスクは、テスラのように業界全体を支配するような銘柄であっても残ります。また、自動車産業は特殊であり、テスラの評価をめぐる計算が難しくなっています。いずれにせよ、昨年ピークを迎えたすべてのハイテク企業が買いであるというわけではないことは、注目に値するのです。

現在のハイテクセクターを1990年代後半のドットコムバブルと比較する誘惑は、崩壊したハイテク評価額を考えると残っている状態ですが、フォーブズは、それは実際には間違っていると言っています。以前のドットコムバブル企業の中には、製品や事業すら持たずに驚異的な上昇を遂げた企業もありましたが、今日の技術事情は異なっており、彼らの事業は健全で、少なくとも収益を上げる可能性を多く持っているのです。

テスラは、かなり高い価格にもかかわらず、投資家の間では依然として注目の的であり、多くの人が市場全体で多くの長期的価値を持つとみなしています。電気自動車からエネルギー、保険、自動運転タクシーや人型ロボットの未来まで、テスラにはその買い値を裏付ける潜在市場が少なからず存在するのです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました