新型4680バッテリーセル搭載のテスラモデルY、1時間未満で0〜97%充電

tesla-model-y-red-01 TESLA News
スポンサーリンク

新型4680セル(直径46mmX高さ80mm)のバッテリーセルを搭載したギガファクトリー・テキサス製のテスラ・モデルYが、0%から97%までの充電を52分で完了させたことが明らかになりました。

テスラ支持者であるThe Kilowattsのライアン・レヴェンソンは、貸し出している複数の電気自動車を管理していますが、最近ギガ・テキサス製のデュアルモーターモデルYが納車されました。この車両は、ティアダウン会社のムンロ&アソシエイツが購入したギガ・テキサス製のモデルYと同様に、同社の待望の新型4680バッテリーセルを装備しています。

Tesla-4680-Battery-cell
Credit:Tesla

テスラのオーナーがツイッターに投稿したように、彼は実際にギガ・テキサス製のモデルYを、バッテリーが航続距離0マイルを示すまで運転しました。この投稿によりますと、加速に影響がないように見える「0マイル」地点を超えて3マイル走行したとのことです。

スーパーチャージャーV3ステーションに接続したレベンソンは、バッテリーが満タンになるまで車内で少し待つことを想定していました。モデルYは、午前12時25分に残り航続距離0マイルで充電開始され、午前1時17分にはテキサス製のクロスオーバーは270マイル(約435km)で充電プラグを外しました。なお、テキサス州のデュアルモーターモデルYは、バッテリー満充電時の一充電あたりの航続距離が279マイルと記載されています。

MIT(Made In Texas)製デュアルモーターモデルYは、0%→97%の充電を52分間で達成。

午前12時25分、航続距離0マイルで充電開始(実際には0マイルを超えて3マイル走行したが、加速の制限はないようだ)
午前1時17分に充電プラグを抜くと、航続距離は270マイルとの表示。

52分で0%から97%まで充電できたのは、技術的に “空っぽ “の状態で充電を開始したことを考えると、非常に印象的です。後の投稿でレベンソン氏は、テキサス州製のモデルYの充電曲線は非常に興味深いもので、プラグを差し込むとすぐに充電率が250kWに跳ね上がったことを指摘しています。これは、250kWまでじっくりと上昇する傾向があるこれまでのテスラとはかなり異なっています。

テキサス製のモデルYは、0マイルに到達したにもかかわらずリミッターに遭遇しなかったようで、1時間以内にバッテリーパックのほぼすべてを充電できる性能のことを考えると、テスラの新型4680バッテリーセル搭載の電気自動車には、同社が公言していない能力や利点があるようです。

テスラは、2020年秋に開催した「バッテリー・デイ」イベントで4680バッテリー技術を発表した際、その次世代セルが高い生産効率、軽量化、そしてさらなるパワーへの道を開く可能性があることを強調しました。しかし、それ以来、テスラは4680セルがもたらす実際の利点について、特にフリーモント工場とギガファクトリーベルリンで生産されたモデルYに使用されている2170セルと比較して、口を閉ざしている状況が続いています。

テキサスで製造されたモデルYのこの高い性能は、4680バッテリーセル搭載車がテスラが今のところ示唆するよりも高い性能を示すことを示唆しています。EV支持者は、テスラの車にはまだかなりの発見があることは間違いないと指摘しています。

「このデータを集めると、答えが見つかるというより、むしろ疑問が湧いてくるんです。例えば、なぜ満タンでも回生ブレーキが制限されないのか、なぜバッテリーが空に近い状態でも加速が制限されないのか。私にとっては、4680セルについて、私たちがまだ知らない、あるいは理解していない大きな何かがあることを示しているのです。もちろん、希望的観測ですが、このオースチン製の新しいデュアルモーターモデルYには、テスラが宣伝したり、現時点で私たちにアクセスさせている以上の容量があることを意味しているように思います」と彼は述べています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました