テスラ、ギガ・テキサス製モデルYのバッテリー容量は50kWhか?4680セルはより効率的?

tesla-model-y-red-01 TESLA News
スポンサーリンク

新型の4680バッテリーセルが最初に発表されたとき、テスラは2170セルよりも16%航続距離が伸びると言っていました。ギガファクトリー・テキサス製モデルY用の、噂はあるが未確認の65kWh未満のバッテリーパックの航続距離が279マイル(449km)と明らかになったとき、多くの人がこの新しいバッテリーは期待に応えられないと考えました。

Tesla-4680-Battery-cell
Credit:Tesla

テスラ・モバイル・アプリが表示する新バリエーションの内容からすると、私たちはテスラを過小評価していたのかもしれず、このバッテリーは当初の宣伝よりもさらに効率的である可能性があるのです。

最初のギガテキサス・モデルYのオーナーの1人であるSpoken Reviewsは、彼のモバイルアプリが「Standard Range」や「All-Wheel Drive」ではなく、「50D」と表示していることをYouTubeで公開しました。テスラのこれまでの命名規則から行くと、これはバッテリーパックがちょうど50kWhである可能性を示唆している。

これは、もしテスラがロングレンジ仕様と同じバッテリーパックサイズ(75kWh)を使用した場合、現在2170セルが提供している330マイル(531km)ではなく、約418マイル(672km)、つまり約25%航続距離が延びることを意味します。

テスラが実際に4680セルのモデルYに75kWhのパックを搭載したものの、オズボーン効果を防ぐために航続距離を短くするようソフトウェアロックした可能性や、モデルY AWDの最新・最高のものを手に入れることを期待して現行のロングレンジバリアントを購入しない人々がいる可能性があります。

テスラは以前にも、2016年にモデルSで顧客が予め搭載しておき、有料オプションでバッテリー容量の拡大を解除できるようにしたことがあるので、今回もそうなってもおかしくはないでしょう。

Spoken ReviewsのYoutubeは以下からご覧ください。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました