テスラ、欧州にてFSD搭載車の納車を規制対応のため一時停止

tesla-fsd TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

厳しい規制が、テスラが欧州連合(EU)で提供できる運転支援機能に影響を与えていることは周知の通りです。これには、自動車線変更のような以前はあった機能を縮小しなければならないことや、オートパイロット作動中にハンドルをどこまで切ることができるかを制限することなどが含まれます。

fsd-beta-v10-2
https://youtu.be/VttbZAr1TBc

今回、オートパイロットの別の機能がEUの規制に抵触したようで、強化型オートパイロット(EAP:Enhanced Auto Pilot)と完全自動運転(FSD:Full Self-Driving)機能を搭載した車両の新規納入の延期を余儀なくされたと発表しました。

EAPを搭載し、数日以内に納車を予定していたある購入者は、テスラがEAPの機能の一つを無効化するソフトウェアアップデートを展開するまで、少なくとも1週間は納車が保留されることが伝えられたという事です。

この購入者は、少なくとも他の3人のEAPまたはFSDを注文した人たちに確認することができましたが、その全員がデリバリーアドバイザーから同じ理由を告げられたということです。

残念ながら、その機能の詳細は不明ですが、可能性としては、やはり自動レーンチェンジだと思われます。

2022年2月にドイツの連邦自動車交通局(KBA)がこの機能を調査していると発表しましたが、「ヨーロッパでは許可されない可能性がある」というだけで、具体的な問題点を明示していませんでした。

KBAは、この調査について、テスラだけでなく、オランダの担当者とも連絡を取っていると述べていましたが、調査の進展についてはまだ発表されていません。

テスラは欧州と中国でのみEAPを提供していますが、価格は約半額で、TLSSC(交通信号読取コントロール:Traffic Light and Stop Sign Control)以外はFSDと同じ機能を搭載しているため、魅力的なオプションとなっています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました