テスラギガ上海工場、1ヶ月前の生産再開から26,000台生産を達成

tesla-gigashanghai-nov-21-03 TESLA News
スポンサーリンク

テスラのギガ上海工場は、3月28日から中国上海市がコロナ封じ込めのため段階的に都市封鎖に入ったことで生産を停止し、4月19日から正式に生産を再開しました。

中国工業情報化部(MIIT)は本日、公式WeChatアカウントに投稿された記事の中で、2022年5月19日の時点で、テスラ(NASDAQ:TSLA)の上海工場では、1カ月前の生産再開以来、累計26,000台がインから製造されていると発表しました。

この記事によると、上海は中国の自動車産業の重要な拠点であり、中国の自動車生産の約11%を占め、自動車部品メーカー群も国内で重要な地位を占めているとのことです。また、上海市は工業企業がゼロコロナ政策を実施しながら生産を再開するためのガイドラインを発行し、テスラの継続的かつ安定的な生産の増加に貢献しているということです。

上海市は、自動車部品企業の物流・輸送の再開と生産再開を後押しするため、7つの重要な材料輸送ステーションを建設し、中国の自動車産業の安定的な運営に貢献していると記事は伝えています。

これまでの現地メディアの報道によりますと、テスラのギガ上海工場は3月28日に段階的な都市封鎖に入った際に生産を停止し、4月19日に正式に生産を再開、8000人の従業員が職場に復帰したということです。

テスラのギガ上海工場の稼働率は45%以上で、上海汽車(SAIC)の50%をわずかに下回っていると、上海市臨港新区の関係者は5月17日の記者会見で述べました。

テスラは、上海市がロックダウンの規制緩和に動いても、6月中旬までギガ上海工場の従業員をいわゆるクローズドループ方式(従業員を送迎し、定期的にコロナの検査を実施する)で働かせる計画だと、ブルームバーグが昨日、関係者の言葉を引用して報じました。

工場稼働再開後にギガ上海が生産したテスラ車は、4月に1台も輸出されなかったため、主に国内用に利用されたようです。

中国乗用車協会が5月10日に発表したデータによりますと、テスラ中国は4月に1万757台を生産し、卸売りは1512台、輸出は0台でした。

また、2022年5月11日、テスラ車4,767台を積んだ車両運搬船「グロービス・スプレンダー」号が南港ターミナルを出発し、スロベニア・コペル港に向かいましたが、これはテスラ・ギガ上海が生産を再開してから初めてのEV輸出となりました。

giga-shanghai-export-01
https://twitter.com/Berlinergy

5月15日午前、上海の南港ターミナルで4,000台以上のテスラ車が「テバン」号に積み込まれ、上海工場から1週間で2回目の輸出が行われました。

ギガ上海ファクトリーの生産台数は徐々に回復しているものの、中国の自動車産業は依然として大きなコロナの影響にさらされている状況です。

5月1日から15日まで、中国国内の乗用車小売販売台数は48万3千台で、前年同期比21%も減少しましたが、前月同期比では減少幅が13ポイント縮小したと発表されています。

記事によると、5月20日、中国商務部の辛国斌副部長は中国自動車販売協会を訪れ、自動車産業チェーンの状況を調査し、業界の経済運営と政策提言に関する報告を聞いたということです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました