テスラ中国、6月中旬までクローズドループ体制、ギガ上海の従業員は寮に入居へ

gigashanghai02 TESLA News
https://youtu.be/esa7iC0MOJ8
スポンサーリンク

テスラは6月中旬まで上海のクローズドループシステム内に留まる予定のようです。ギガ上海工場の従業員は寮に移り、クローズドループシステム内にとどまって仕事に従事するようです。

この件に詳しい人物はブルームバーグに対し、テスラ中国は6月13日までクローズドループシステムにとどまる予定だと語りました。ギガ上海工場の従業員は、先日のコロナの発生後、上海工場が生産を再開して以来、工場内で寝泊まりしている状況です。

gigashanghai04
https://youtu.be/esa7iC0MOJ8

テスラのギガ上海工場の従業員は現在、週6日、12時間のワンシフトで勤務しています。ギガ上海工場の1日の推定生産台数は、現在の生産速度で1日約1,200台です。テスラ中国は、第2シフトを追加することで、工場の生産量を1日あたり2,600台まで増加させたいと考えています。

第2シフトの労働者は当初、5月16日に職場復帰する予定でしたが、これが実現できなかったためテスラは来週にも第2シフトを開始する予定のようです。

同社は、自動車部品などの供給が安定したら、24時間操業を再開したいと意気込んでいます。今月初め、ギガ上海工場がサプライチェーンの供給問題に直面し、生産に支障をきたしているというニュースが流れました。

ギガ上海がテスラの車両販売に大きく貢献していることは、同工場の2022年4月の卸売台数で明らかになりました。2022年4月、中国乗用車協会(CPCA)は、テスラ中国が10,757台を生産したと報告しました。ギガ上海は4月、最後の10日間だけ操業し、車を輸出することはできませんでした。この操業停止により、2022年3月と比較して、車両生産台数は97.7%も減少しました。

テスラは2022年第1四半期に世界で約305,407台の車両を生産しました。

テスラ中国の2022年第1四半期の卸売台数は182,174台で、同四半期のテスラの総生産台数の59.6%を占めていることになります。この内訳は2022年1月の卸売台数で59,845台、2月が56,515台、3月が65,814台ということです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました