今月、ギガ上海から2回目の輸出を実施

giga-shanghai-export-01 TESLA News
https://twitter.com/Berlinergy
スポンサーリンク

ロックダウンの影響をもろともせず、ギガ上海の生産が活発化し、上海工場では今月2回目の車両出荷が行われています。

上海港で自動車運搬船「Theban」に約4,000台のテスラ車両を積み込み、シンガポールに向かった後、欧州に向かいます。今月初めには、スロベニアのコペルに向けて4,767台の自動車を自動車船「Glovis Splendor」に積み込みましたが、これはCOVID-19による3月末の操業停止以来初めてのことでした。

ギガ上海は以前からテスラの世界市場への輸出拠点となっており、テスラ全体の出荷台数の約5割がこのギガ上海工場から出荷されています。

https://twitter.com/i/status/1525818606914883584

これまでのところ、今月の最初の2週間で約9,500台の車両を輸出しています。

ギガ上海は3月28日から4月19日までCOVID-19のロックダウンのため閉鎖されていたので、これはテスラにとって大きなニュースです。しかし、その後、工場はクローズドループシステムで再オープンしました。このシステムにより、従業員にテスラの施設で寝食を共にさせながら、工場の稼働を維持することができます。

ギガ上海は一時停止した後、更に生産を増強していますが、米国カリフォルニア州フリーモント工場とギガファクトリー・ベルリンがその一部を引き継いでおり、ギガファクトリー・テキサスもすぐに参加することを期待されています。

テスラは、ギガ上海での生産停止後も増産を続けていますが、今月初めにワイヤーハーネスのサプライヤーがCOVIDの発生により工場を閉鎖したように、サプライヤーにも彼らの要求に応えることが必要になってくるでしょう。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました