テスラ、充電中のディスプレイの不具合で米国で13万台をリコール

tesla-model3-dark TESLA News
スポンサーリンク

急速充電中にインフォテインメントシステムのプロセッサが過熱する可能性があるとのことです。

テスラは、センターディスプレイの問題により、米国で約13万台のテスラ車をリコールします。どうも、クルマの急速充電中にインフォテインメント・システムのプロセッサーが過熱する可能性があるようです。このプロセッサーが過熱すると、センターディスプレイの表示が遅れたり、真っ白になったりすることがあるとのことです。

tesla-screen02

オートモーティブ・ニュースは、テスラ車が急速充電中、あるいは急速充電開始の準備中に、インフォテインメント・システムのプロセッサが、充電セッション中の高温により十分に冷却する能力を欠く可能性があると説明しています。

このリコールは、2022年モデル3、モデルY、および2021-2022年モデルS、モデルXを含むテスラの全モデルに影響しますが、特定のファームウェアをリリースした車両のみがリコールの対象となります。

リコールの説明では、テスラのセンターディスプレイの画面が遅れたり、真っ白になったように見える場合、他の関連機能にも影響を与える可能性があると説明されています。例えば、バックカメラの表示、警告灯、フロントガラスの視認性制御設定、ドライブ、ニュートラル、リバースなどのドライブモード表示などです。

テスラによると、米国自動車安全規制当局(NHTSA)への報告において、このリコールに該当する米国内の保証クレームおよび報告59件を把握しているとのことです。とはいえ、テスラは、この欠陥に起因する事故や負傷、死亡といった問題については認識していません。オートモーティブ・ニュースによりますと、テスラは同誌からのコメント要請に応じなかったということです。

最近のテスラの多くのリコールと同様に、インフォテインメント・プロセッサの冷却能力を十分に向上させるため、影響を受ける車両に無線ソフトウェア・アップデート(OTA:Over The Air アップデート)が送信される予定です。

テスラは先週、店舗とサービスセンターへの警告を開始しました。影響を受けるテスラのオーナーであれば、2022年7月1日以降に郵便で手紙が届きます。

これで、2022年のテスラのリコールはこれまでに11件となりました。約230万台の車両が、これらの最近のリコールによって影響を受けています。ありがたいことに、多くはソフトウェア・アップデートによって対処することができ、サービスセンターへの出張は必要ありません。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました