テスラ、リコールの約4割をソフトウェア更新で修正、自動車業界トップ

recall-rate TESLA News
Credit:Reuter
スポンサーリンク

米国道路交通安全局(NHTSA)の公開データによると、テスラは従来の自動車メーカーとは異なり、リコールの多くを無線ソフトウェアアップデート(OTA:Over The Air)で処理していることが明らかになっています。

テスラのソフトウェアの優位性は、従来の自動車メーカーに比べて迅速かつ安価な修正と、ほぼ完璧な適用率を保証しています。

ロイターがまとめたデータによると、2020年以降にNHTSAが出したリコールのほぼすべてが物理的な修理を必要としていますが、テスラのリコール19件のうち7件(37%)は、迅速かつ簡単なOTAソフトウェアアップデートで修理されています。

もちろんリモートアップデートはかなり安価で、すべての車両に確実に届けることができます。従来の自動車メーカーのリコールは通常、ディーラーに出向く必要があり、適用率も新型車の70%から旧型車のわずか50%までさまざまです。

テスラはリモートソフトウェア更新によりリコールの大半を処理する(出典:ロイター)

自動車産業におけるソフトウェア更新へのシフトは、NHTSAのような規制当局にとって大きな課題です。テスラに対するいくつかの技術訴訟でコンサルタントを務めたドン・スラビック氏は、NHTSAがソフトウェアの問題に対処するための専門知識と経験を持つスタッフを擁している状況を見たことがないと言っています。

この競争優位性は、今月初め、NHTSAがテスラに対し、一部の車がFSD(完全自動運転)の際、交差点で完全に停止せず「ローリングストップ」するのを防ぐためにリコールを出すよう命じたことで明らかになりました。

NHTSAによると、この機能は州法に違反しており、安全上のリスクがあると判断されたようです。

テスラは、この機能を無効化し車を完全に停止させるためのOTAソフトウェアアップデートを発行しました。これにより、ボタンに触れるだけで、すべての車がリコールに対応する処置が自動的に適用されるようになりました。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

こういったことも既存の自動車メーカーにない革新的な部分なのだと思います。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました