テスラ、2022年第1四半期に生産した車両の「ほぼ半分」がLFPバッテリーを搭載

TESLA News
スポンサーリンク

テスラは、2022年第1四半期に生産した車の「ほぼ半分」が、ニッケルやコバルトを含まないLFP(リン酸鉄リチウム)バッテリーセルを搭載していることを、2022年第1四半期の株主総会資料の中で明らかにしました。

テスラは、水曜日の市場終了後に発表した2022年第1四半期の株主説明会で、以下のように説明しています。

「バッテリーの多様化は、長期的な生産能力拡大、様々な使用ケースに対する当社製品の最適化、サプライヤーベースの拡大のために不可欠です。第1四半期に生産されたテスラ車の約半数が、ニッケルやコバルトを含まないリン酸鉄リチウム(LFP)バッテリーを搭載していたのは、このためです。現在、LFPバッテリーは、当社の標準的なレンジの車両製品のほとんどと、商業用エネルギー貯蔵アプリケーションで使用されています。当社のエネルギー効率の高いモーターの結果、LFPバッテリーパックを搭載したモデル3は、依然としてEPA走行距離267マイルを達成することができます。」

テスラは、バッテリー材料が不足するという最初の指摘の際に、異なる化学組成を開発することによってこの問題に対処しなければならないことを明らかにしました。2021年8月、テスラは北米でスタンダードレンジのモデル3のトリム構成を注文した顧客に対して、LFPバッテリーパックの提供を開始しました。

テスラは以前からアジアとヨーロッパでLFPバッテリーセルを使用していましたが、北米で製造されたモデル3 SR+にはニッケル・コバルト・アルミニウムのバッテリーケミストリーが使用されていました。

テスラは第1四半期に合計で310,048台の車両を納車しました。

この需要に対応するため、テスラは北米の顧客にこのLFPパックを提供したのです。航続距離は253マイル(約407km)ですが、より早く納車することができました。テスラは顧客に以下のように伝えています。

「年末近くに納車予定のモデル3スタンダードレンジプラスについてご連絡しています。この度、より早くお車をお届けする機会をご提供させていただくことになりました。供給量が限られていることと、お客様からの強いご要望により、ヨーロッパとアジアで既に発売しているバッテリーパック「モデル3 スタンダードレンジプラス」を北米に導入します。このバッテリーの航続距離は253マイル(約407km)です。」

イーロン・マスクCEOはその後、LFPバック利用のテスラの意図は、ニッケルと鉄の製品体験が三元系バッテリーと「ほぼ同等」であることを説明しました。

「ニッケル系は充電容量を90%を好むのに対し、LFPバッテリーは100%まで充電することができるので、個人的にはLFPを選びたい。」

2つのバッテリーパックの間には10マイルの航続距離の差がありますが、LFPセルが100%まで充電するのがベストであるということは、テスラ車オーナーが頻繁に自分の車の最大航続距離を得られる可能性があるということです。

テスラ、原材料費高騰で価格上昇

テスラは2022年第1四半期にいくつかの段階的な値上げを行い、四半期末には全ラインナップで大幅な値上げを実施したことになります。モデルX Plaidは直近の値上げで12,500ドル上昇しましたが、これはマスク氏によると「インフレ圧力」によるものだということです。

ウクライナ戦争の激化に伴い、原材料、特にニッケルの価格が高騰しています。ロンドン金属取引所でニッケルのショートスクイーズが発生し、1トンの金属コストが3万ドルから10万ドルへと7万ドルも高騰したことを受け、ニッケルコストが急騰したのです。

テスラは、タロンメタルズとの契約を含め、いくつかのニッケル供給契約を結んだものの、広範な原料不足と価格高騰に対処するため、LFPパックへの切り替えを余儀なくされている状況です。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました