中国上海のルチャオ港で輸出待ちの膨大な数のテスラが!

tesla-export-00 TESLA News
https://youtu.be/Smx8ga_N060
スポンサーリンク

2019年に操業が始まった中国ギガ上海工場は、テスラの主要な自動車輸出拠点としての地位を固めつつあります。

金曜日に上海郊外のルチャオ港上空をドローンで飛行させた映像によると、膨大な数のモデル3とモデルYで満杯の駐車場が見渡す限り広がっているのが確認できました。

https://youtu.be/Smx8ga_N060
https://youtu.be/Smx8ga_N060

https://youtu.be/Smx8ga_N060

テスラ愛好家のソーヤー・メリット氏が時間をかけて数えたところ、その総数は6,500台以上と判明しました。

この最新のドローン飛行がさらに印象的なのは、先週この同じ場所で目撃された車とは、まったく新しい車群に見えるからです。

輸出を待つ膨大な数のクルマは、ギガ上海がオープンから2年の間にどれだけ生産能力を拡大できたかを示しています。

昨年末には月産6万台に迫り、年間では70万台規模の生産能力があり、おそらく100万台の能力を有するようになると考えられています。

2022年にテスラは、ギガ上海の生産能力を拡大するため、1億8800万ドルのプロジェクトを開始しました。

ドローンによるフライオーバー映像は以下からご覧いただけます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

すでに「売り切れた」バッチ分ですかね。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました