テスラ、米国でモデル3とモデルYをまたまた大幅値上げ!

tesla-price-increase2 TESLA News

テスラは、需要が供給を大幅に上回り、マイクロチップなどの部品の世界的な供給問題が続く中、「モデル3」と「モデルY」の価格をまたまた引き上げました。

テスラは、自社の自動車の価格について今年に入ってから再びの値上げを実施しました。前回の値上げは7月22日に実施されましたので、そこから考えると約2ヶ月半での大幅値上げとなっています。

このテスラという自動車メーカーは、先進的な電気自動車をできるだけ低価格でたくさん販売しようとしているにもかかわらず、現時点では解決できない世界的なサプライチェーンの問題に直面しています。そのため、自動車の生産コストが上昇し続けており、それに伴ってテスラ車の購入価格も上昇して来ているということです。

今回の値上げはモデル3のスタンダードレンジが、2,000ドルもの値上げで41,990ドル、またパフォーマンスは1,000ドル値上げの57,990ドルとなりました。

モデルYロングレンジとパフォーマンスは、それぞれ1,000ドル値上げされ、54,990ドルと61,990ドルとなりました。

テスラは価格設定を可能な限り低く抑えようとしていますが、世界的なマイクロチップを始めとするサプライチェーンの問題もあり、今年に入って初めての値上げではありません。

自動車業界におけるマイクロチップの不足は、タイムリーな生産を妨げ、納車を遅らせる非常に大きな要因となっていますが、先日プレスリリースされたように、テスラは今年の最初の9ヵ月間を通して予想を大幅に上回る優れた業績を示しています。

この業績は、これまでの厳しい製造環境の中で、数ある自動車メーカーの中でテスラは最も業界の課題に対応しているという状況を示しています。2021年第4四半期にテスラと自動車業界に何が待ち受けているのかは今のところ不明ですが、テスラは顧客や投資家に嬉しい驚きをもたらすことができることが期待されています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

これは、日本国内にも波及しそうな感じですね‥‥‥。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました