テスラ、第3四半期過去最高の241,300台出荷、予想を大幅に上回る!

3q-fy21-00 TESLA News

テスラは、2021年第3四半期の生産台数と納車台数を発表し、納車台数22万2700台としていたウォール街のコンセンサス予想を見事に上回りました。テスラは、2021年第3四半期に241,300台の記録的な納車を実施し、加えて237,823台の生産を実現し、これも合わせてこれまでの記録となりました。

「第3四半期は、約238,000台を生産し、240,000台以上を納車しました。 グローバルなサプライチェーンと物流の課題に取り組む中、忍耐強く対応してくださったお客様に感謝したいと思います」と、テスラはこの数字を報告したプレスリリースに記しています。

https://ir.tesla.com/press-release/tesla-q3-2021-vehicle-production-deliveries

ウォール街は、2021年第3四半期がテスラの「史上最強」の3ヵ月間の業績になると予測していましたが、それが事実になったことは間違いありません。

これまでテスラは、販売台数と生産台数の記念すべき連続成長を続けることができ、2019年第4四半期から2020年第1四半期にかけて、前四半期比の数字が減少したことはありませんでした。コンセンサス予想では、テスラの当四半期の販売台数は22万2,700台とされていましたが、アナリストの中にはテスラが23万台前半から半ばまでの販売台数を達成すると確信している人もいました。

241,300台の販売台数のうち、9,275台がモデルSとモデルXでした。モデルS Plaidは、テスラがまだいくつかのボトルネックを抱えているものの、コンスタントな納車が増え始めています。

昨年末にモデル Sとともにモデルチェンジしたモデル Xは、まだ納車を開始していません。2022年の初め頃に販売を開始する予定で、現時点では1月か2月頃と予想されています。今週初めには、同社のフリーモント工場で、モデル Xの一部が目撃されました。

モデルS、X以外の残りの232,025台はモデル3とモデルYでした。これらのクルマはテスラの量販車であり、毎四半期の納入台数のかなりの部分を占めています。

モデル3とモデルYは、テスラ米国カリフォルニア州フリーモント工場と中国のギガ上海工場で生産されています。しかし、これらの車両は、間もなく完成する同社の米国ギガファクトリーテキサスとドイツギガファクトリーベルリンの生産ラインでも生産される予定です。

既にモデルYは、テスラの最も人気のある車となっているため、この両施設で主に生産されることになります。

テスラがプレスリリースで言及しているように、同社はコントロールできない様々な課題を乗り越えることを余儀なくされています。今年に入ってから、世界中の自動車メーカーが半導体チップの不足に悩まされており、自動車業界全体で多くの自動車の生産が停止しています。

テスラもこの問題に無関係ではなく、問題解決のために奔走する必要に迫られていました。テスラは、この問題を解決するために、自社製のマイクロコントローラーを多数開発したことを、前回の四半期決算発表の際に発表しました。これにより、テスラの生産上のボトルネックや供給不足の懸念の多くが解消されたことによって、今回の記録的な納車を実現できたのかと思われます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

こういう素晴らしい結果でTSLA株はどう動くか注目です。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました