テスラモデルX、リフレッシュモデルをフリーモント工場で発見!

model-x-plaid01 TESLA News
https://youtu.be/I7iwi2gKQWU

2021年9月29日(水)、米国カリフォルニア州フリーモント工場のデリバリーヤードで、テスラモデルXのリフレッシュユニットが目撃されました。この目撃情報は、Model X Plaidとロングレンジの本格的な生産が今四半期中に開始される可能性を示唆しています。

テスラ・フリーモント工場のデリバリーヤードで目撃されたModel X Plaid車両の行き先は不明ですが、何らかの進展があることを示しています。保護用のラップが巻かれていることから、発売予定車ではないと考えられます。

テスラは、来年1月から2月までにModel X Plaidのデリバリーを開始し、2022年の幕開けを盛り上げることを目指しています。

ここ数週間から数ヶ月の間に、米国内でテスラModel X Plaidの車両が目撃されるケースが増えています。

https://youtu.be/I7iwi2gKQWU

7月には、カリフォルニア州サニーベール近郊の101号線をModel X Plaidが走行しているのが目撃されました。電気自動車グループ「The Kilowatts」は、サンフランシスコ国際空港で、Model X Plaidを目撃しました。サンフランシスコのModel Xには、Model Sのデリバリーイベントで初めて採用されたPlaidバッジと、テスラの新しい22インチタービンホイールが装着されていました。

Model X Plaidの兄弟車であるModel S Plaidは、テスラの熱心な評論家たちから絶賛されています。例えば、自動車評論家のダグ・デムーロ氏は、テスラのモデルSに好意的な評価を与えています。デムーロ氏は、テスラモデルSのレビュービデオの中で、「Model S Plaidは本当に素晴らしく、これまでに作られた車の中で最も優れたオールラウンドな車であると言えるでしょう」と述べています。

Model S Plaidに対しては、批判的も意見があります。例えば、エドモンズ社は自動車レビューの中で、Model S Plaidのヨークハンドルを「ジョーク」と呼んでいます。エドモンズ社は、自社を「偏りのない、公平な自動車に関するアドバイス、ニュース、レビューについての世界的権威」と称していますが、Model S Plaidはテスラのマーケティング活動の一貫んび過ぎず、一般的に考えると「お金の無駄遣い」であるとも述べています。

Model X Plaidは、Model S Plaidと同じような批判を受ける可能性があります。実際、つい最近、エドモンズ社はBMW iXとTesla Model Xを比較し、BMW iXはModel Xよりもハンドリングが良く、より洗練されていて、より快適であると指摘し、2022年には最高のSUVのひとつになると主張しています。ただし、一方でエドモンズ社は、TeslaのモデルがiXよりも速いことも認めています。

エドモンズ社のBMW iXのレビューをもとに、Model X Plaidが他のフルサイズ内燃機関SUVなどと比較して市場でどのような性能を発揮するのか、すでに強い関心が寄せられています。テスラのモデルXが初めて市場に投入されたとき、かなりの人気を博しました。そして、Model X Plaidは、先代のモデルXに続く相当人気のモデルとなると考えられます。

テスラ、米国カリフォルニア州フリーモント工場のデリバリーヤードに置かれたModel X Plaidを以下でご覧ください。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

またモデルS同様に、めちゃくちゃ速いのでしょうね。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました