イーロン・マスク氏、テスラの自動運転FSDの採用率とパフォーマンスの大幅向上に言及

fsd-beta-v11.3-1 TESLA News
Not a Tesla App
スポンサーリンク

テスラCEOのイーロン・マスク氏は、完全自動運転(FSD)ソフトウェアの今後のアップデートについていくつかの見解を示し、パフォーマンスの大幅な向上を約束しました。マスク氏はまた、30日間のトライアル後にFSDに申し込んだオーナーはわずか2%であったという件についても言及しました。

5~10倍向上

マスク氏によると、次のFSD(監修型)アップデートであるバージョン12.4は、”1介入あたりの走行距離が5~10倍向上する “ように設定されています。介入1回あたりの走行距離の現在の割合を知ることなく、改善の正確なレベルを測定することは困難ですが、これは、新しいアップデートが、人間の介入を必要とする前に、車が5〜10倍遠くまで運転できるようになる可能性があることを意味します。

ai-driver-fsd-02
https://www.youtube.com/@AIDRIVR

FSD(監修型)の個人的な経験に基づくと、v12はほとんどのシナリオで非常に有能であることが証明されており、安全上重要な介入を必要とすることはほとんどないため、これは大きな改善となるでしょう。

今週末に従業員向けリリース

マスク氏によると、次のバージョンであるv12.4の内部リリースは今週末に予定されており、来週には限定的な外部ベータ版がリリースされる予定です。

マスク氏はv12.4の先を見据えて、v12.5を6月下旬にリリースする予定であることを示唆しています。このバージョンでは、介入1回あたりの走行距離が更に大幅に改善されるほか、高速道路がシングルスタックシステムが統合され、さまざまな走行環境におけるソフトウェアのパフォーマンスがさらに向上する予定です。

v12.4は今週末に内部リリースされ、来週には限定外部ベータ版がリリースされます。12.3と比較して、介入あたりのマイルがおよそ5倍から10倍向上します。
v12.5は6月下旬にリリース予定。介入あたりのマイルも更に大幅に改善され、高速道路もシングルスタックになります。

採用率は2%よりはるかに高い

マスク氏はまた、テスラのFSDソフトウェアの採用率に関する件についてもXで言及。YipitDataによる最近の研究では、FSDの採用率はわずか2%であることが示唆されました。この数字は、FSDの無料トライアルを体験した約3,500人のテスラ・オーナーのサンプルのクレジットカード・データを調べることで抽出されました。このサンプルの中から、FSDに加入したのはわずか50人程度だったと報告されているのです。

しかしマスク氏はこの件にすぐに反論し、実際の数字を示すことなく、マスク氏はFSDの実際の採用率は “はるかに高い “と述べました。

見ていないこともあるし、すべてにコメントすると情報を漁りやすくなるので、すべてにはコメントしません。
採用率は2%よりはるかに高いです。お願いします。

以前のレポートでは、FSD の採用率は 10% をわずかに上回る程度とされていましたが、これは FSD v12 がリリースされるかなり前のことであり、FSD サブスクリプションオプションが開始されてからわずか数ヶ月後のことでした。テスラはまた、FSD ソフトウェアパッケージと FSD サブスクリプションの両方の価格を引き下げています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする

※免責事項:この記事は主にテクノロジーの動向を紹介するものであり、投資勧誘や法律の助言などではありません。また、記事の正確性を保証するものでもありません。掲載情報によって起きたいかなる直接的及び間接的損害に対しても、筆者・編集者・運営者は一切責任を負いません。また、運営者はテスラ株式のホルダーです。

タイトルとURLをコピーしました