テスラが語る、完全自動運転FSD V12のロールアウト、HW5、走行距離、FSDライセンシング

tesla-fsd-beta-in-china-00 TESLA News
https://youtu.be/2VWyaAzwMT0
スポンサーリンク

昨日、テスラは2023年第4四半期決算を発表し、Q&Aセッションで同社の第4四半期業績について説明し、投資家の質問に答えました。テスラは、次世代車両や4680バッテリー、サイバートラック、そしてもちろん完全自動運転について説明しました。

FSDベータ版v12のロールアウト

11月に、テスラがFSD v12を従業員にロールアウトしたことを認め、先週、一部の限られた顧客にロールアウトしたばかりでした。しかし、テスラのQ&Aセッションで、テスラはFSD v12を「数週間後」に北米のすべての顧客にロールアウトすると発表しました。

質問に答えたマスク氏は、米国とカナダで現在FSDベータ版にアクセスできる40万台のクルマに提供されると続けています。この台数は、テスラが北米でFSDを購入または契約しているすべての人にFSDを最初に拡大して以来、ほとんど変わっていません。

まだ「ベータ版」

fsd-beta-2

テスラのシェアホルダー・デッキ(株主用説明資料)では、テスラはFSD v12がエンドツーエンドのAIであることを確認し、この機能を「FSDベータ版ソフトウェア」と呼び、v12の初期リリースでFSDがベータ版のままであることを認めています。

シェアホルダー・デッキには以下のように書かれています。

「2023年第4四半期に、私たちは最新のFSDベータ版ソフトウェア(V12)を一部のテスラ従業員にリリースし、最近の顧客にもリリースしました。V12はエンド・ツー・エンドのトレーニングを活用し、運転体験を向上させます。また、テスラが設計したアクチュエーターとセンサーを使用し、AI機能を向上させたオプティマスの第2世代ロボットも発表しました。FSDベータ版もオプティマスも、実世界のデータ、ニューラルネットのトレーニング、最先端のハードウェアとソフトウェアという、同じようなテクノロジーを柱としてトレーニングされています。」

ソフトウェア統合

テスラはこれまで、FSDベータ版の新しいアップデートをより少数の選ばれたテスターグループにリリースしてきました。

ホリデーアップデートでは、FSD ベータ版アップデートと製品版リリースの統合が行われ、FSD ベータ版 v11.4.9 を含む単一のホリデーアップデート(2023.44.30)が全員に配布されました。FSD v12のリリースにより、最新のFSDベータ版ビルドが再び最新のパブリックリリースと乖離することを予想していました。

しかし、マスク氏の FSD v12 の全顧客への近日中のリリースに関するコメントを見ると、そうではないようです。テスラが今後数週間のうちに北米の全オーナーにFSDベータ版v12をリリースするのであれば、それはテスラアップデート2024.2、またはそれ以降のリリースの一部となる可能性があります。

FSDのライセンス

テスラは以前、FSDを他のメーカーにライセンスすることについて話していました。しかし、それについてはあまり進展がないようです。

FSDの他社へのライセンス供与について進展があったかどうか、マスク氏はこの質問に対し、暫定的な会話はあったが、最終的にはまだ取引はないと明かしました。

FSDハードウェア5(HW5)

マスク氏はテスラのFSDハードウェアについて少し話し、テスラはFSDハードウェア3(HW3)を最大限に活用するためにソフトウェアの最適化を続けていると述べました。しかし、より興味深いのは、テスラがテスラハードウェア5(HW5)の設計を完了しようとしていることを明らかにしたことです。

テスラはハードウェア3(HW3)からハードウェア4(HW4)、そしてハードウェア5(HW5)へと巨大な改良を進めていると述べました。テスラは2023年3月にハードウェア4(HW4)をリリースし、追加の計算能力とより高解像度のカメラを搭載しました。

マスク氏はまた、テスラが使用していないときに車両上で「一般化されたAIタスク」を実行する潜在的に興味深い機会について話しました。

FSD走行距離の更新

Credit:Tesla

テスラはQ&AセッションでFSDに関するいくつかの最新情報を提供しましたが、実際の電話会議ではFSDの走行距離には触れず、過去に行ったようにシェアホルダー・デッキで最新情報を提供しました。前四半期のチャートでは、FSD ベータ版の走行距離が約 5 億 2500 万マイルであったことが明らかになりました。

テスラは今四半期の更新チャートで、2021年3月以降の走行距離が約7億5,000万マイルに達したことを示しています。これは3ヶ月で約2億2500万マイルの増加です。

テスラの40万人のFSDベータ版顧客に基づいて簡単に計算すると、各顧客は1ヶ月あたり約187マイル、または1日あたり6マイルよりわずかに多くFSDベータ版を使用していることがわかります。

走行距離チャートの軌跡は2023年5月以来ほぼ同じで、これはFSDベータ版の販売台数や1日の使用量が大きく増加していないことを意味します。

これは、テスラがFSDベータ版を追加市場に展開する際に変化するでしょう。また、テスラがFSDベータ版v12をロールアウトする際に、顧客の利用がどのような影響を与えるか興味深いところです。

テスラは決算説明会ではFSDベータ版の拡大には触れなかったものの、今回はいつもより詳細な情報がありました。テスラは次世代車両オプティマスやサイバートラックなどの最新情報を提供しました。

ゴールドマン・サックスは、テスラのFSDの収益価値は10億ドルから30億ドルと評価していますが、今後6年間で100億ドルから750億ドルに膨らむ可能性があると明らかにしています。

その多くは、テスラのFSDがエンド・ツー・エンドのAIで成功するかどうかにかかっているかもしれません。

この記事はこの投稿を引用・翻訳・一部補足・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする

※免責事項:この記事は主にテクノロジーの動向を紹介するものであり、投資勧誘や法律の助言などではありません。また、記事の正確性を保証するものでもありません。掲載情報によって起きたいかなる直接的及び間接的損害に対しても、筆者・編集者・運営者は一切責任を負いません。また、運営者はテスラ株式のホルダーです。

タイトルとURLをコピーしました