テスラ、次期ソフトウェアアップデートでステアリングヒーターの自動・手動温度設定が可能に

tesla-steering-heater TESLA News
スポンサーリンク

テスラの最後のメジャーアップデート、2022年のホリデーアップデートから数週間が経ちました。このアップデートでは、myQガレージドアのサポート、Appleミュージック、自動方向指示器、ズーム(訳注:この内日本国内では自動方向指示器のみ適用されている)など、多くの新機能や改良がもたらされました。

しかし、テスラは長い間放置しているわけではなく、現在、ホリデー後の最初のアップデートを準備しています。今回は、この次期アップデートに搭載されると予想される機能の一つを紹介します。

シートヒーターの自動化

2021年のホリデーアップデートでは、カスタムライトショー(訳注:日本未導入)、カスタマイズ可能なランチャー、自動シートヒーターが登場しました。

シートヒーターは「自動」に設定できるようになり、車内の気温とクライメートシステムの設定温度に基づいて、クルマが自動的にその温度をコントロールするようになりました。そして、シートの熱量をロー、ミディアム、ハイから選択し、クルマが自動で暖めます。また、人が乗っていない場合はシートヒーターをつけないというスマートさも備えています。

tesla-interior

自動シートヒーターは前席のみで、ユーザーはいつでもこのシステムを無効にすることができます。シートヒーターのオプションは、オフ、ロー、ミディアム、ハイ、オートから選択可能です。

ステアリングヒーターの自動化

テスラは今、温度調節機能付きシートの自動化から学んだことすべてを、車両のステアリングヒーター(ハンドルヒーター)に適用しようとしています。

テスラは、2021年初頭から中国で、2021年後半からモデル3およびモデルYの車両にステアリングヒーターを搭載して出荷を開始します。しかし、モデルSとモデルXの車両には、数年前からステアリングヒーターが搭載されています。お使いの車両にステアリングヒーターが搭載されているかどうかは、いつ、どこで製造されたかによって異なります。

現在、ステアリングヒーターは、車両のクライメートコントロール画面に移動するか、テスラアプリから、または画面下部のランチャーに追加することで、手動でオンにすることができます。

あなたの車両にステアリングヒーターが装備されている場合、まもなく「自動」に設定し、車両がシートヒーターを制御するのと同じように、車両の現在の車内温度とあなたのクライメートシステムの設定温度を取得して、ハンドルを希望の熱さに制御させることができるようになる予定です。

複数の温度レベルを追加

テスラがシートヒーターと同じようにステアリングホイールの加熱を自動化することは、非常に意味のあることですが、この次期機能には、単なる自動化以上のものがあると思われます。

テスラのステアリングヒーターは、これまで温度設定が1つしかありませんでしたが、今回の新機能では、テスラはステアリングヒーターに2つの温度オプションも追加することになります。

ステアリングヒーターの温度設定は、従来の「オフ」「オン」だけでなく、「オフ」「低」「高」「オート」を選択することができるようになると考えられます。

もちろん、ステアリングヒーターの温度調節は可能ですが、「自動」に設定することで、多くの方が意識することなく、快適なドライブ体験を楽しんでいます。

対応車種について

現時点では、この機能がどの車両に搭載されるかはまだわかりませんが、テスラは少なくともすべての新型モデルにこの機能を追加するものと思われます。

この機能は、2023の最初のソフトウェアアップデートに搭載されると予想され、今月末にリリース、バージョンは2023.4となる予定です。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました