テスラ、世界的な値下げで2023年に53%の販売増加の可能性:バンク・オブ・アメリカ

stock-market TESLA News
スポンサーリンク

バンク・オブ・アメリカのアナリストは、テスラが最近行った車種ラインナップの大幅値下げにより、今年の販売台数の伸びがより高くなる可能性が高いと指摘しています。このアナリストは、17日の火曜日のレポートでそのスタンスを伝えました。

テスラは最近、車種の大幅な値下げに踏み切り、大きな話題となりました。この値下げは、世界中の複数の市場で実施され、同社の電気自動車の受注拡大に貢献すると期待されています。

stock-market-01

アナリストは、世界中のマーケットでの6%から20%に及ぶ急な値下げは、モデル3セダンおよびモデルYクロスオーバーの利幅を削る可能性が高いものの、この戦略によりテスラは2023年に台数を前年比で53%増加させる可能性があると指摘しています。ちなみに、バンク・オブ・アメリカによるテスラの前回予想は17%増でした。

「これにより、2023年の売上高は事前予想から18%増の1,000億ドルに押し上げられます。値下げによる悪影響は、販売台数の増加に伴う平均利益率の増加分(30%)と相殺されるため、2023年の収益予想は緩やかに低下し、目標株価は130ドル(135ドル)になりました。」

また、テスラの自己資金による運営は、EV分野の競合他社の中では間違いなくユニークなものですが、既存自動車メーカーの競合他社の中ではあまり注目されないと、ストラテジストは指摘します。マクロ環境の悪化、金利上昇、景気後退の可能性などの逆風も、EV市場全体に悪影響を及ぼす可能性があります。

同社は、値下げを実施した場合、テスラの売上高は1台あたり約10%~20%減になると試算しました。バンク・オブ・アメリカのアナリストは、今年と2024年の1株当たり利益予想も修正し、全体として、バンク・オブ・アメリカは、イーロン・マスク氏のツイッター買収による「混乱」を考慮すると、現状のテスラは公正に評価されているとの見方を維持し、同社は「中立」のレーティングを維持しました。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました