テスラ、米国フリーモント工場でモデル3の製造ライン刷新準備開始

gigafactory TESLA News
スポンサーリンク

テスラは、コードネーム「プロジェクト・ハイランド」と呼ばれる電動セダンのデザイン刷新に向けて、米国カリフォルニア州フリーモント工場でモデル3の製造ライン全体を大きく変更しているようです。

今回発見された文書によると、テスラはフリーモント工場でモデル3の製造ラインのいくつかの更新を申請しています。テスラのGA3(General Assembly Model 3:モデル3組み立て)ラインは、フリーモント工場で少なくとも今後数カ月の間、再編成が行われる予定です。

今朝、テスラは2023年5月1日までモデル3のボディフィッティングと軽修理作業を行う仮設テントを建てるための申請書を提出し、署名しました。同社は申請書の中で、このプロジェクトにかかる費用はわずか2万ドルであると述べています。

Credit: City of Fremont

テスラは数年前から、この仮設テント(スプラング・ストラクチャーとも呼ばれる)を活用しています。テスラはフリーモント工場において、モデルYラインの建屋としてGA4.5でこのテントを設置し、2021年2月に恒久化するよう申請しました。

テスラがフリーモントのGA3で予定している変更は、これだけではありません。テスラは別の申請書で、モデル3製造ラインのブレーキとロール装置ラインを解体する一方、装置を保管するピットの上に一時的な床版カバーを提供すると述べています。また、電気的・機械的なユーティリティもすべて取り壊すとしています。テスラは、その費用を75,000ドルとしています。

Credit: City of Fremont

ロール&ブレーキ車両システムは、実際の道路状況をシミュレートするために使用され、生産環境における車両性能の正確な分析結果を提供します。テスラはこの装置にバーク・E・ポーター社の機械を利用しています。

テスラがモデル3のインテリアデザイン(とエクステリア?)を刷新する予定であるという報道は、ロイター通信の報道を受けて先週から出回り始めています。特にテスラはここ数年、生産効率の大幅な改善を行ってきたため、異なる機械や更新された機械にするための製造設備の撤去は、今回の届出と一致する状況です。テスラモデルYはその理想的な例で、同社はこの車両に異なる単一ピース鋳造技術を使用し始め、製造の複雑さを軽減しながら車両の剛性を高めています。

今週末、カリフォルニア州サンタクルーズで、テスラが考えているであろう改良点を隠すためのカモフラージュカバーをたくさんつけた、モデル3のリデザイン版の姿?が目撃されました。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました