テスラ、一体鋳造(メガキャスティング)リア部品のモデル3を生産?

giga-belrin-inside-09 TESLA News
https://youtu.be/IO5XC1x27gg
スポンサーリンク

テスラは、一体鋳造リア部品を使ったモデル3の新型車の生産を開始する意向のようです。その部品の合金を獲得するために、既存ガソリン車のアルミホイールの鋳造品を再利用するということです。つまりガソリン車も、気候変動を止めるために何らかの実益をもたらすことができるということです。

自動車の構造は、その効率と性能を左右する重要な要素です。そのため、テスラは車の構造を強化し続けることに深い関心を寄せています。

バッテリーデーでは、新しいバッテリーアーキテクチャーと、自動車部品製造の根本的なアプローチを用いて、自動車のデザインを向上させることを発表しています。モデルYを強化するために、テスラは車のリアアンダーボディフレームを一体で製造できる巨大な鋳造機(ギガプレス)を作りました。この製造プロセスにより、部品点数を削減し、製造コストを40%削減することができました。

giga-belrin-inside-07
超大型鋳造機ギガプレスから取り出されるモデルYのメガキャスティング部品
https://youtu.be/IO5XC1x27gg

このボディパーツをこの手法で製造しているメーカーは、自動車業界ではテスラだけです。一体鋳造は、製造工程とクルマ自体の両方で、自動車メーカーに大きな競争力をもたらします。

一体型鋳造プロセスでは、高度に統合されたモジュール設計が改善されます。これにより、衝突回避ビームの作用面積が拡大し、車体性能が向上します。衝突安全性は20%以上向上しています。現在、ベース重量は以前より軽くなっています。さらに、この生産工程は環境にやさしく、エネルギー効率にも優れています。従来のプレス加工では、大量のスクラップが残りますが、ギガプレスでは原材料を100%使用します。その結果、生産面では資源とエネルギーの節約につながり、テスラの環境価値観に合致しています。

2022年第1四半期の決算説明会で、テスラのパワートレイン&エネルギーエンジニアリング担当上級副社長のアンドリュー・バグリノ氏は、テスラが既存ガソリン車からアルミ鋳造ホイールを再利用することを明らかにしました。実際に、アルミ溶湯に投入し、モデルY用に1ピース型鋳造(メガキャスティング)を行う予定であり、他の車種にもこのアプローチをとる可能性が高いと考えられます。この方法は、私たちの地球を汚染するスクラップを取り除き、有用な目的に使用し、地球をきれいにするものを作ることができるのです。

「鋳造機から出たスクラップも、鋳造機から出たゲートも、アルミの溶解釜に戻すことができるんです。それから、イーロンが言ったように、スタンピングやその他のアルミニウムのスクラップも、溶融釜に入れることができます。だから、既存ガソリン車の鋳造アルミホイールもリサイクルして、モデルYのアルミ鋳造ボディのための溶解釜に投入するつもりです。」

もう一つの素晴らしいニュースは、テスラがリア・シングルピース鋳造部品を使用してモデル3の生産を開始する意向であり、これは製造工程と車自体の両方が大幅に改善されることを意味します。さらに、同社は今後のすべての車両でリア・シングルピース・鋳造部品に切り替える予定であり、これは非常に理にかなったことです。ただし、バグリノ氏は、モデルSとモデルXにはそのようなアップデートは期待しない方が良いと(断定的な言い方ではありませんが)述べています。

「また、我々は時間の経過とともに、すべての車両でキャストパーツのリアボディのようなものに移行するのでしょうか?まあ、実際には、モデルS/Xではなく、モデル3/Yになると思いますが。」

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました