テスラ、改良型スマートサモン機能リリースを準備中

sumart-summon TESLA News
https://youtu.be/nh4nOSPBtNA
スポンサーリンク

テスラのスマートサモンは、大幅なアップグレードが間近に迫っているようです。イーロン・マスク氏によると、実はスマートサモンが完成間近なのだそうです。完全自動運転(FSD)バージョン11にこの機能は含まれるのか、という質問を受けたCEOのマスク氏は、こうつぶやいた。

「言うまでもなく、われわれは皆、ASS(Actually Smart Summon:実用的なスマートサモンと「ASS」(お尻)を兼ねている)を大至急欲しいと思っているのです!」

スマートサモンの強化

マスク氏の言うとおり、ASSは、多くのテスラオーナーの日々のクルマとの付き合い方を変え、テスラブランドを競合他社からさらに一歩先に進める機能になると考えられます。ASSは、現在提供されているスマートサモン機能を強化したものです。テスラアプリのサモンボタンを押すことで、スマートフォンのGPS座標を利用してクルマがドライバーを探し出し、自動で自分の居る場所までやってきます。この機能は、深夜に寒くて人通りの少ない駐車場を歩かなければならない人にとって、ゲームチェンジャーとなる可能性を秘めています。安全性だけでなく、利便性の向上にも貢献しますが、現状ではまだ実現には至っていません。

スマートサモンの動作例

駐車場シーク機能(リバースサモン)は搭載されるのか?

スマートサモンの改良版が、単なる機能拡張なのか、それとも駐車場シーク機能が含まれるのかは不明です。これまでリバースサモンと呼ばれてきましたが、駐車場シーク機能と名付けられたこの機能は、テスラがドライバーを含む乗員を降ろした後、勝手に空きスペースを探して駐車しに行くことができるようになります。駐車場を探している間、ドライバーは車に乗っている必要はありませんし、好みの場所をある程度選ぶこともできます。駐車場シーク機能には、入口に近い場所、カートリターン付近、駐車場の端の3つのモードが用意されています。

オートパイロット・チーム、プログラムの準備完了

テスラのオートパイロットチームは、9月30日に開催された人工知能イベント「テスラAIデー2022」で、駐車場のナビゲーションを含む完全自動運転の進歩について詳しく語りました。高速道路、市街地、駐車場などで車を操作するためのシングルスタック、つまり1つのコードベースを開発することによって、多くの改善がもたらされました。

テスラのオートパイロット・プログラム担当ディレクター、アショク・エルスワミ氏は、「FSDベータ版のソフトウェアは、クルマを運転する能力がかなり高いです。駐車場から駐車場への移動、市街地走行、信号や一時停止の標識での停止、交差点での物体との交渉、旋回などができるはずです。」と述べています。

オートパイロットのモーションプランニングのマネージャーであるパリル・ジェイン氏は、プログラムにスケジュールを追加し、「我々は、今年末までにFSDスタックの一部として駐車場スタックを含めることを期待しています。つまり、今年の年末までに、駐車場で車に座り、駐車場の端まで運転することができるようになるのです。」

シングルスタックを搭載したFSD ベータV11は、11月11日11時11分にロールアウトを開始しました。マスク氏によると、ベータテスターに展開されるまでには数週間かかり、米国とカナダに広くリリースされるにはさらに数週間かかるということです。そうなれば、100万人以上のFSDユーザーが誕生することになり、そのテスラユーザーたちは、テスラ車に自動で送迎してもらうこともできるようになる。、ということです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました