テスラ、「リバースサモン」の今年度中の提供を示唆

tesla-sales_04 TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラのオートパイロットエンジニアチームは、駐車機能の改善を含む完全自動運転ベータ版の大幅な進化を検証しています。3.5時間にも及んだ人工知能イベントAIデー2022では、スマートサモンとリバースサモンは特に言及されませんでしたが、オートパーキングについては議論され、イーロン・マスク氏は機能強化が予想される時期のスケジュールを示しました。

テスラの「リバースサモン」または「パークシーク」機能は、スマートサモンの逆の機能です。スマートサモンが駐車場から無人自動で自分の居る位置に運転してやってくるのに対し、リバースサモンでは、テスラ車をある場所、例えばモールの入り口に最も近い場所で運転者は降車し、それからテスラ車が無人・自動で駐車場を探すという機能です。この機能については、2020年7月1日にマスク氏が実現を公表しています。

model-y-white-00
Credit:Tesla

テスラのオートパイロットプログラム担当ディレクターであるアショク・エルスワミ氏は、AIデー2022のFSDのパートの中で「FSDベータ版のソフトは、かなり車の運転ができるようになっています。」と述べています。駐車場から駐車場への移動、市街地走行、信号や停止標識での停止、交差点での最適な挙動、旋回などが可能、という事です。

複数のチームメンバーが、FSDが今後どんどん進歩し、まもなく統合スタック、つまり、駐車場や交通量の多い高速道路で車をナビゲートするためにプログラムが必要とするすべてのものを含む1つのコードベースになるということを説明しました。マスク氏は現在、この新しいスタックを実際に使用しています。

「私が見たところ、かなりうまく機能していますが、豪雨、雪、埃などあらゆる天候で検証し、幅広い環境下で製品スタックがよりうまく機能していることを確認する必要があります。」

オートパイロット・モーション・プランニングのマネージャーであるパリル・ジェイン氏は、統合スタックに他に何が含まれるかについて、「今年末までに、FSDスタックの一部としてパーキング・スタックも含まれると考えています。」と言及しました。つまり、今年の年末までに、基本的に、駐車場で車に座って、駐車場の端まで自動で運転することができるようになるわけです。

リバースサモンは、所有者が好む駐車場を見つけるために3つの異なるモードを持っているだろうと、以前に報告されています。その方法には、店舗の入り口に最も近い場所、カートの返却場所の近く、ドアの凹みの原因となるような狭い駐車スペースを避けたい人のための駐車場の端などが含まれると考えられます。マスク氏によると、この統合スタックは年内、早ければ11月にもリリースされる予定だということです。

テスラはこのニュースを実現する明確にはスケジュールを示していませんが、実際にはウェブサイトも更新しています。テスラのウェブサイトのオートパイロットのセクションには、「目的地へ」という項目が追加されました。説明には「目的地に到着したら、エントランスで足を踏み出すだけで、クルマが駐車場探索モードに入り、自動的に場所を探して駐車してくれます。そしてスマホをタップすると、クルマを呼び戻してくれます。」 とあります。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました