テスラの、3つの駐車オプションがある「リバースサモン」機能を新たに提供?

model3-blue TESLA News
スポンサーリンク

2019年9月にテスラが「スマート・サモン」機能を公開したとき、自動駐車の可能性が一気に拡大しました。

「スマートサモン」とは、モバイルアプリを使ってオーナーが自分の車を自分の前まで自動運転で連れてくることができるフルセルフドライブ機能です。この機能は、例えばオーナーが特に狭い駐車場から安全にクルマを出すのに非常に有効です。テスラオーナーの間では、スマートサモンに対する評価は分かれていますが、テスラモデルYが水没した駐車場から簡単に出る様子を撮影した2020年のバイラル動画(伝染性の高い動画)で、この機能の利便性が明らかになりました。

この動画は、不測の大雨でクルマへのアクセスが阻害された状況下で、モデルYを自分の前まで無人運転で動かすスマートサモン機能の実用性を証明したものです。テスラの現在のスマートサモン機能は、完全な自動駐車のための正しい方向への一歩ですが、テスラオーナーは「リバースサモン」により熱中しているようです。

https://youtu.be/GszZdeyXqcs

「リバースサモン」とは、オーナーが建物の入り口で車から降りると、車が自動的に駐車場を見つけて駐車してくれるというものです。「スマートサモン」はクルマが自動的に自分の前にやってくる機能である一方、「リバースサモン」は無人で駐車場に自動駐車する機能です。

すでにFSDには「オートパーキング」機能がありますが、これは運転手が(運転操作はしませんが)運転席に乗っている必要があります。一方、「リバースサモン」は運転者がクルマを降りてから機能するのです。

2020年3月にこの「リバースサモン」機能について尋ねられたイーロン・マスクCEOは、以下のように答えています。

「我々はオートパイロットのコア基盤コード&3Dラベリングの作業を終える必要があり、その後、この機能はすぐに実現する予定です。それほど長くはかからない。」

この発言から1年、確かにオートパイロットと3Dラベリングは劇的に改善されましたが、「リバースサモン」機能についてはあまり語られていません。少し信憑性が薄いRedditの投稿による新情報では、リバースサモン機能が近日中のアップデートで見られる可能性があることが明らかになりました。

Redditの投稿で、ユーザーu/110110は、テスラの「リバースサモン」機能がエンジニアにテスト用に提供されたと思われると述べており、これはこの機能が広くリリースされることが近づいていることを意味します。

また、リバースサモン機能には、「ドアに最も近い」、「カートリターンの近く」、「駐車場の端」などの駐車オプションが含まれるだろうと、この関係者は言及しています。

これにより、リバースサモンは、ユーザーが自分の好みに合わせて、車両の駐車方法や駐車場所を選ぶことができるという点で、スマートサモンよりもはるかにダイナミックな機能となっています。これまでのところ、この機能に対するテスラのエンジニアの評価は「かなり良い」とのことです。

このニュースに基づいて、私たちはまもなくリバースサモンが「スマートパーク、またはセルフパーキング」として今年後半にリリースされるのを見ることができるかもしれません。

スマートサモンは、駐車した車を呼び戻すのに有利な機能ですが、リバースサモンは、車の完全な自動運転機能をより便利で実用的に使用できることを証明することができます。この機能により、車両は所有者のために適切な駐車場所を見つけることができ、完全な自動駐車を効果的に実現することができます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集・改変・追加して作成しています。

これが実現すると非常にありがたいのですが…。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました