テスラ、将来のアップデートでラジオ・データシステムを追加へ

model-y-white-tesla TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラの用語集に新しい略語が追加されるかもしれません。RTAはRadio Traffic Announcementsの略で、ラジオ・トラフィック・アナウンスメント(≒ラジオ・データシステム)のことです。

ラジオ・データシステムとは?
これまでのFMラジオ放送の中に少量のデジタル情報を埋め込むための通信プロトコル規格で、このデータ通信を使って交通情報を案内するのが、ラジオ・トラフィック・アナウンスメント

テスラの最新ソフトウェア・アップデート2022.40.1に、「ラジオ・トラフィック・アナウンスメント」という未発表の機能の画像が発見されました。

この機能は、もともとアップデート2022.40に搭載される予定だったようですが、開発のための時間を確保するために削除された可能性があります。

ラジオ・トラフィック・アナウンスメントは、BMW、メルセデス、フォルクスワーゲンなど、一握りの自動車メーカーで採用されている技術です。これは、ドライバーがエンターテインメント・システムで何を聴いているかにかかわらず、FM波に乗せて地元の交通情報を確実に得ることができる仕組みです。

しかし、テスラが検討している数多くの機能拡張を考えると、RTAは単なるラジオ交通を超えるものになる可能性があります。

この機能自体は非常に便利です。地元のラジオではなく、音楽やポッドキャストなどラジオ以外を聴くのが好きな人は、ラジオから流れる交通情報を聞いていれば避けられたかもしれない交通渋滞に何度か遭遇したことがあるかもしれません。クルマのエンターテインメント・システムは、交通情報を検知すると、エンターテインメントをミュートし、アナウンスをオンにします。運転に影響がない場合、あるいは聞きたくない場合は、この機能を簡単に停止して、曲を聴き続けることができます。

テスラは、最近のいくつかの発言から、このシステムをさらに進化させる可能性があります。まず、同社は新しいハザードライトシステムを導入することを発表しました。ESS社が開発した「Hazard Enhancement Location Protocol(HELP)」は、ハザードランプの明るさや点滅速度を変えるだけでなく、障害車両があることを周辺のドライバーに知らせる信号も発信します。このシステムはカーナビやスマホのナビを使うのですが、テスラもRTAでHELPを活用できるかもしれません。

Credit:ESS

次に、イーロン・マスク氏は、RTAで利用できるもう一つの機能であるテスラ車間通信について、かつて公然と言及しています。8月の株主総会で、「テスラ同士が通信するメリットはあるのか」という質問に対し、以下のように回答しています。

「それはRTAには必要ありません。完全自動運転には全く必要ないだろうが、長い間、車の大半は手動運転になるだろうから、テスラ同士の通信の価値は、おそらく交通問題、事故、道路の穴、道路閉鎖の連絡以外は、それほど高くないと考えています。前方のテスラが通行止めを発見し、その情報をリアルタイムで自分のクルマに伝えることで、通行止めの状況に巻き込まれないようにする。それが今取り組んでいることです。」

テスラが新しい機能を作っていないときは、既存の部品やプログラムを改良しています。他の自動車メーカーもRTAを利用できるようにしていますが、HELPとテスラ同士の通信により、すでに有用なこのアナウンスシステムはさらに強化されると考えられます。

近い将来、おそらくアップデート2022.44または2022.48で、このラジオ・データ・システムがリリースされることを期待しています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました