テスラ、ギガ・テキサスに5haの「エコロジカル・パラダイス」を建設

tesla-giga-texas-exterior-q4-2021-ec TESLA News
スポンサーリンク

テスラCEOのイーロン・マスク氏は、自動車メーカーが12エーカー(約4.6ha)の敷地を新たに追加する計画を認めました。

テスラはギガ・テキサスの申請を変更し、12エーカー(約4.6ha)のスペースを追加することを決定しました。テスラCEOのイーロン・マスク氏はツイッターで、追加された土地は本社工場の隣に位置する「エコロジー・パラダイス」に使用されることを認めました。しかしマスク氏は、テスラがグリーンスペースを建設する前に、「まず工場を財政的に立ち上げる」必要があると主張しています。

指定されたエリアはギガ・テキサスの南端からコロラド川までで、遊歩道や多くのアメニティが設置される予定です。マスク氏は、この空間全体が一般に公開されることも同時に認めました。

tesla-giga-texas
Credit:Tesla

ギガ・テキサス自体は、250エーカー以上の敷地に10,000,000平方フィート以上の工場床を有しています。この施設は今年4月にオープンし、現在、年間約25万台の車両を生産することが可能です。テスラは、ギガ・テキサスがフル稼働した場合、年間50万台以上の自動車を生産することになると予測しています。

テスラは現在、世界に6つの製造工場を持ち、そのうち5つの工場は「ギガファクトリー」と呼べる規模を持つものです。今年は年間で140万台の生産を見込んでおり、テスラが2021年に製造するEVの930,422台から50%増となる予定です。テスラの次のギガファクトリーは、カナダになる可能性があり、カナダの産業・イノベーション担当大臣は最近、テスラとの交渉が行われたことを認め、テスラはオンタリオ州とケベック州の複数の場所を検討していると伝えられています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました