イーロン・マスク氏、ヒト型ロボットオプティマスのデザインを解説

teslabot-in-china TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

イーロン・マスク氏は、人型ロボット・オプティマス(テスラボット)がテスラの次のビッグプロダクトになるという考えを相当率直に述べています。人工知能における同社の取り組みとオートパイロット・プログラムのマイルストーンに基づいて構築されたこのオプティマスは、労働市場における破壊者になる可能性が非常に高いです。マスク氏は最近公表したエッセイで、この次期ヒューマノイドについて、特にオプティマスのデザインについての考えを語っています。

Tesla-Optimus-prototype-teaser
Credit:Tesla

中国サイバースペース・マガジン誌に掲載されたマスク氏のエッセイは、自然エネルギーからニューラリンク、スペースX、そしてオプティマスの実際の用途に至るまで、さまざまなトピックを取り上げています。マスク氏はエッセイの中で、テスラボットは反復的で退屈、かつ危険な作業において人間の労働力を代替するために設計されていると述べ、これまでの主張を繰り返しました。しかし、それ以上にマスク氏は、オプティマスのビジョンとして、ロボットが世界の何百万世帯もの家庭にサービスを提供することを挙げています。

「テスラボット(オプティマス)は当初、反復的で退屈、かつ危険な作業において人間の代わりになるような位置づけです。しかし、料理や芝刈り、高齢者の介護など、何百万世帯もの家庭で活躍するようになるのがビジョンです。」

興味深いことに、マスク氏は、テスラ・ボットのデザインがそうなっているのは、一般に人間がヒト型ロボットとの対話に慣れているためだと指摘しています。このロボットは人間社会に溶け込むことを意図しているため、人間の属性を持つことは理にかなっているのです。

「テスラ ボットは、大人の身長と体重に近く、重いものを運んだり持ち上げたり、小刻みに速く歩いたり、顔のスクリーンは人とコミュニケーションするためのインタラクティブなインターフェースになっています。なぜ、このような脚のあるロボットをデザインしたのかと思われるかもしれません。なぜなら、人間の社会は、2本の腕と10本の指を持つ二足歩行のヒューマノイドのインタラクションを前提にしているからです。ですから、ロボットが環境に適応し、人間と同じことができるようにするには、人間とほぼ同じ大きさ、形、能力でなければなりません。」

ヒト型ロボットのプロトタイプは、来月のAI Day 2で発表される予定です。

マスク氏のエッセイによると、テスラが当面注力するのは、オプティマスの知能向上と、ロボットの大量生産という問題の解決だということです。これは険しい坂のように見えるかもしれませんが、テスラは過去にも同様の課題、特にモデル3製造の立ち上げに非常に苦労したことがあることに留意する必要があります。しかしマスク氏は、このテスラのロボットの生産規模が拡大すれば、そのコストは下がり、消費者にとってより手の届きやすいものになると指摘しています。

「将来的には、家庭用ロボットが自動車よりも安くなるかもしれません。おそらく10年も経たないうちに、人々は両親の誕生日プレゼントにロボットを買ってあげられるようになるでしょう」

とマスク氏は書いています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました