テスラ、9月の人工知能イベントでヒト型ロボット「オプティマス」を披露へ

ai-day-5 TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラは、動作可能なヒト型ロボット「オプティマス」のプロトタイプがそれまでに完成する可能性があるため、今年で2回目となる人工知能イベント「テスラ AIデー」の開催を2022年8月19日から9月30日に変更しました。実用的なプロトタイプを披露することで、同社は数段上のステージに上がり、ヒト型ロボット「オプティマス」の最初のバージョンの生産日を近づけることができます。

テスラは、高度な人工知能(AI)を使った技術(ハードウェアとソフトウェア)を開発しているので、単なる電気自動車だけを生産する会社ではなく、インフォメーション・テクノロジーの会社であることは、よく知られていることです。

テスラは、優秀な人材を同社に呼び込むため、2022年9月に昨年から2回目となる「テスラ AI Day #2」を開催する予定です。テスラが8月19日から9月30日に日程を変更せざるを得なくなったのは、その時までに驚くべきブレークスルーを達成する可能性があるからとのことです。

Tesla-bot-with-dojo-chip-scaled-1
Credit:Tesla

テスラCEOのイーロン・マスク氏によると、同社はかつて「テスラボット」と呼んでいたヒト型ロボット「オプティマス」の実用的なプロトタイプの製作に近づいているということのようです。彼のTwitterでの発言によると、このプロトタイプのお披露目が早ければ今年の9月に実現する可能性があるということです。

この発表は驚くべきもので、テスラ社が昨年のイベントで発表して1年後に実現できることになり、これは実に早いタイムフレームと言えるでしょう。どうやらテスラは、「AIデー #2は壮大なものになる」とマスク氏が強調したように、このイベントで本当に世界中のみんなを驚かせるつもりのようです。

「テスラAIデー」を9月30日に延期します。それまでにオプティマスのプロトタイプが動くかもしれないため。

2021年の決算説明会で、マスク氏は同社の新開発の重要性を説明しました。製品の優先順位で言えば、ヒト型ロボットはテスラがその年に行う最も重要な製品開発であると述べました。さらに、マスク氏は、「オプティマス」が時間の経過とともに自動車事業よりももっと大きな意味を持つようになる可能性があると説明しました。

「だから、製品の優先順位で言えば、実は今年行う最も重要な製品開発は、ヒト型ロボット「オプティマス」だと思うんです。これは、時間の経過とともに、自動車事業よりも大きな意味を持つ可能性があると思います。」
tesla-bot
Credit:Tesla

また、マスク氏は、この新開発の真の重要性を次のように説明しました。彼によると、労働はあらゆる経済の基礎であるため、テスラボット「オプティマス」は人間の労働に代わる普遍的な存在になるということです。また、今後問題となる出生率の大幅な低下による労働力不足も、このロボットによって緩和されるということも付け加えています。2021年12月、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)のボードサミットで、マスク氏は以下のように語っています。

「(テスラボットは)時間とともに一般的な人間の労働力を代替する可能性を持っています。経済の基盤は労働です。資本設備は本質的に労働を蒸留したものなのです…つまり、根本的な制約は労働ということです。人が足りないのです。これはいくら強調してもしきれません。人が足りないのです。文明にとって最大のリスクは、少子化と急速な出生率の低下だと思います。」

オプティマスの持つ重要性を考えれば、人類の普通の生活を根本から変え、大きなブレイクスルーとなることは明らかです。しかし、人々はまだそのことに気づいていないのです。そのことにマスク氏は気づいており、「そして、もちろん、オプティマスですが、オプティマスのロボットプログラムの意味の大きさに人々が気づいていないことに逆に驚きました。」と、2022年第1四半期の決算説明会で述べました。

マスク氏は、今後数年のうちに、オプティマスがその真の重要性を示すことになると改めて強調しました。彼は、オプティマスプログラムが最終的に同社の自動車事業やFSD(自動運転)以上の価値を持つようになると確信しているようです。

「オプティマスの重要性は、今後数年のうちに明らかになるでしょう。洞察力のある人、耳を傾ける人は、オプティマスが最終的に自動車事業よりも、FSDよりも価値のあるものになることを理解できるともいます。」

2022年4月7日、ギガファクトリー・テキサスのオープニングイベントで、マスク氏は、テスラが2023年にロボットの最初のバージョンの生産を開始することができると述べました。

「我々は、できれば来年、オプティマスのバージョン1の生産に入る可能性があります。」
この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました