パナソニック、2022年第2四半期にEV用バッテリーの旺盛な需要を報告

Panasonic-Tesla-4680-battery-cells TESLA News
Credit:Pansonic
スポンサーリンク

新型4680バッテリーセルの商品化ロードマップを更新しました。

2022年第2四半期のパナソニックのエネルギー部門の売上高は、前年同期比21%増の2278億円(為替の影響を除いた実質ベースでは5%増)でした。旺盛なEV用バッテリー需要に伴う車載用バッテリーの売上増が、他部門の減少をカバーしているとのことです。

具体的には、米国ネバダ州のテスラ・ギガファクトリー1において、2170タイプ(直径21ミリ・高さ70ミリ)の円筒型バッテリーセルを増産したことが挙げられます。ただし、コスト(混乱による物流、材料、また新電池の開発など)の上昇などのマイナス面もあります。

Credit:Panasonic

新型4680バッテリーセル

パナソニックは、今年初めに明らかにしたテスラ用新型4680バッテリーセルの実用化ロードマップも若干更新しました。

最新版には、米国カンザス州に建設予定のバッテリー工場が含まれていますが、この投資はまだ最終的な決定が必要で、日本でのパイロット生産とシリーズ生産の結果次第となります。

我々の理解では、パナソニックはテスラ向けの新型4680バッテリーセルの新工場の建設を準備しているが、まず生産可能性と安定した品質という点で重要なマイルストーンを達成しなければなりません。

このようなプロジェクトでミスがあれば、財政的にも、評判の面でも、非常に高くつく可能性があり、テスラはこれまで100億個以上のEV用バッテリーセルを生産し、一度もリコールをしていないということもあります。

パナソニックの4680バッテリーセルの正確なスペックがどうなるかは、今のところ明らかではありません。外見上はテスラのセルと同じかもしれませんが、内部では、バッテリー化学、エネルギー密度、モノの接続方法や製造方法の具体的なソリューションが異なる可能性があります。

複数のメーカーが4680タイプのセルを製造している場合(テスラ、パナソニック、LGエナジーソリューション、サムスンSDI)、各製品の技術はわずかに異なる可能性があります。顧客はおそらく、少なくとも何らかの対策や比較をしなければ、その違いをクルマで見ることはできないでしょうが、業界レベルでは、おそらくサプライヤー間の健全な競争となっているのです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました