テスラギガファクトリー・ベルリンは10月から週3千台のモデルY生産を

giga-belrin-fy22 TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラは間違いなく、2022年後半に向けて反撃を開始するようです。ギガファクトリー上海が工場のアップグレード後に1日あたり3000台という素晴らしい生産量を目標にしているという報道の中、ギガファクトリー・ベルリンもやや似たようなマイルストーン、2022年10月から週あたり3000台のモデルY生産の達成を目指していると伝えられています。

テスラドイツがこの試みに成功すれば、ギガファクトリー・ベルリンにとって大きな勝利となります。この巨大施設は、つい最近の2022年3月に車両生産の開始が規制当局から許可されたばかりなのです。イーロン・マスク氏は先月、ギガファクトリー・ベルリンがすでに1週間で1000台のモデルYを生産できるようになったことに言及しました。テスラのパワートレインおよびエネルギーエンジニアリング担当シニア・バイス・プレジデントであるドリュー・バグリーノ氏も、先週の決算説明会で、ギガ・ベルリンは年内に週あたり5,000台の生産を達成できると述べています。

giga-belrin-1000
Credit:Tesla

業界インサイダーサイトのTeslaMag.deは最近、この問題に詳しい情報源を引用して、月曜日からギガファクトリー・ベルリンの従業員が2交代制で働き、週当たり1500台のモデルYを生産することを目標としていると報じました。この台数は、少なくともテスラドイツが週当たり3000台のモデルYを生産できるようになるまで、増産されると伝えられています。そしてこの3000台のマイルストーン到達目標は、10月と伝えられています。

週に3000台のモデルY生産ペースで、ギガファクトリー・ベルリンは推定週5日労働で1日あたり約600台を生産することになります。10月初旬、テスラドイツはギガ・ベルリンで、80%の稼働率ながら3シフトの労働者を活用すると報じられています。

また同サイトは、これまでギガ・ベルリンが車両生産を拡大するのを阻んできた障害のひとつが、モデルYのリアアンダーボディ用の超大型鋳造機「ギガプレス」からの廃棄物であったことを指摘しています。しかし、最近のギガ・ベルリンのアップグレードにより、ギガプレスからのムダが約10%削減されたと報告されています。

テスラ・ギガ・ベルリンはまだ未完成です。今のところ、この施設では工場の第一段階から1種類の車を生産しているに過ぎません。しかし、テスラは、ギガ・ベルリンが年間約50万台の生産能力を持ち、同地域における全電動クロスオーバー・モデルYの需要に対応できるようになるはずだと確信しています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました