中国におけるEVメーカーの最高峰はアメリカ企業のテスラ

gigashanghai02 TESLA News
https://youtu.be/esa7iC0MOJ8
スポンサーリンク

今、中国における最も優れたEVメーカーのポジションは、偶然にもアメリカの企業であるテスラが位置しています。テスラとアメリカには、誇れるものがたくさんあります。

昨日のテスラの2022年第2四半期決算説明会で、テスラCEOのイーロン・マスク氏は中国の競合メーカーを褒めつつ、中国最高のEVメーカーはテスラ中国であると指摘しました。

「彼らは賢く、勤勉で、彼らに劣る競争力を持つメーカーは衰退をたどるでしょう。そして今、最も優れた中国のEVメーカーは、実はテスラ中国なのです。」

テスラ中国とギガ上海のユニークな歴史

2019年、ガリ・フィルチェ(ハイパーチェンジ)の動画を取り上げて、記事を書きました。ガリはテスラのギガファクトリー上海のユニークさを指摘し、動画の中でガリはこう言っています。

「これまで中国で販売される自動車は、すべて中国の自動車メーカーが製造するか、外国の自動車会社と国内のパートナーとの合弁会社が製造していました。しかし、中国は文字通り、テスラのために政策を変え、テスラの参入を認めているのです。なぜ中国は、他の自動車メーカーではなく、テスラを欲しがるのか。それは、彼らが技術を持っているからです。」

ユニークさのスパイスとして、米中間の貿易戦争を入れましょう。

「テスラは詐欺だ…どうやって外国の自動車メーカーと競争するんだ、と言われるのと同じくらい、テスラは技術力がある、と言われます。イーロンはひどいCEOで、役員の入れ替わりが激しい、と言われますが、私は、同社が現代史で最も複雑な地政学的シナリオの1つを切り抜け、2大市場間の驚くべき摩擦を大きな競争力に変えたことを、素晴らしい経営だと見ているのです。テスラによる見事な成果であり、私がこの会社に投資するのが好きな理由でもあります。」

EV製造の先進国である中国で、アメリカ企業であるテスラがEVのトップメーカーであることは、テスラの革新性をよく表しています。

gigashanghai04
https://youtu.be/esa7iC0MOJ8

EVより政治を優先させ続ければ中国がリード

もしバイデン大統領が電気自動車よりも政治を優先させ続ければ、このEV市場を中国がリードし続けることになります。バイデン大統領は、中国が電気自動車レースをリードしていると何度も発言し、また、フォードやGMなど、自動車産業の電動化での競争力の低い自動車メーカーに重点を置いています。

大統領とその政権は、テスラとイーロン・マスク氏を表立って批判しただけでなく、大統領はEVに関する自身の目標よりも政治的同盟者のニーズを優先させたようです。昨年、ホワイトハウスで開催された全米自動車労組のEVイベントでは(ホワイトハウスによると)テスラは組合のイベントであるため除外されました。

ホワイトハウスがテスラをこのイベントから排除した理由を尋ねると、サキ報道官は以下のように答えました。

「我々はもちろん、電気自動車の未来の可能性を認識し、大統領の目標達成に貢献する取り組みを支援するすべての自動車メーカーの努力を歓迎しますし、確かにテスラもそうした企業のひとつです。今日、バイデン大統領が野心的な新しい目標を発表する際に、バイデン大統領と共に立つのは全米自動車労組の3大雇用者とUAW会長ですが、クリーンカー、電気自動車への移行について話すのはこれが最後だとは思いませんし、その努力に様々なパートナーがいることを期待しています。」

テスラが非組合員企業であることについて聞かれると、以下のように述べました。

「まあ、これらのメーカーは全米自動車労組の3大雇用者ですから、あなた自身で結論を出してもらいましょう。」

バイデン大統領はその後、テスラのEV分野でのリーダーシップを認めましたが、政権はまだこの分野でテスラほど貢献していない自動車メーカーを優遇しているようです。

政治はさておき、テスラはリードし続ける

テスラは、そのミッションに突き進みながら、リードし続けています。最近では、上海のルチャオ港で少なくとも7,000台のテスラEVが目撃されています。また、テスラは2022年第2四半期のシェアホルダー・デッキで、年間75万台以上の生産能力を持つギガ上海の上場を発表しています。

第3四半期にはギガ・テキサス、フリーモント、ギガ・ベルリン、そしてギガ上海を合わせた素晴らしい結果が見えてくるのではないでしょうか。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました