テスラ、6月に中国本土で32箇所のスーパーチャージャーステーションを増設

tesla-solar-supercharger-lhasa TESLA News
スポンサーリンク

テスラは中国大陸でこれまで1,200箇所以上のスーパーチャージャー・ステーションを開設し、8,700台以上のスーパーチャージャーを提供しています。

テスラ(NASDAQ: TSLA)は、2022年6月に中国本土の25都市で120基ものスーパーチャージャーを含む32箇所のスーパーチャージャーステーションを増設したと、本日同社のウィーチャットの投稿で発表しました。

tesla-supercharger

このステーションには、ハルビン、天津、重慶、成都、仏山、丹州などの都市にある28箇所のV3スーパーチャージャーステーションと4箇所のV2スーパーチャージャーステーションが含まれています。

テスラ中国のウィーチャットの投稿によると、7月に、p南京、中山、青島、南寧を含む26都市でスーパーチャージャーステーションを追加する予定です。

これまで、テスラは世界で累計3万5000台以上のスーパーチャージャーを開設したと発表しています。

6月10日、テスラの世界35,000台目のスーパーチャージャーは、中国中部の湖北省武漢にあるテスラサービスセンターの1つに設置されました。

中国本土では、テスラは1,200箇所以上のスーパーチャージャーステーションを開設し、8,700基以上のスーパーチャージャーを提供しているとのことです。

中国はテスラにとって最も重要な市場の一つであり、上海にはモデル3とモデルYの電気自動車(EV)を生産する工場、ギガファクトリー上海があります。

中国乗用車協会(CPCA)のデータによりますと、今年上半期にテスラは中国で19万75台を納車しました。これにより2020年1月以降、テスラは中国で累計656,249台を納車していることになります。

テスラの上海工場は、EVメーカーの輸出拠点となっただけでなく、中国からの新エネルギー車(NEV)輸出の成長を牽引する重要な存在となっています。

今年上半期、中国から輸出されたNEVは20万2,000台で、そのうちテスラは48%にあたる9万7,182台となっていますので、このNEV輸出にも貢献しています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました