テスラ車の価格は、インフレが落ち着けば下げられる:イーロン・マスク

tesla-model-3-three TESLA News
スポンサーリンク

テスラは今年に入ってから何度も値上げを実施し、モデル3やモデルYといったエントリークラスの車は、すでに数年前のモデルSといったフラッグシップカーの価格に迫っているほどです。

しかし、イーロン・マスクの最近のコメントによると、テスラは「インフレが収束」すれば、同社の自動車をより手頃な価格にすることができるということです。マスク氏はツイッターで、テスラがパンデミックとサプライチェーンの危機に対応するために調整した車両価格を引き下げる計画があるかどうか尋ねられた際に、このことに言及しました。

チョ・ジェファン
「パンデミックやサプライチェーンの問題が収まれば、車の価格を下げる予定はありますか?」

イーロン・マスク
「インフレが落ち着けば、私達は車の価格を下げることができます」

テスラの過去複数回にわたる値上げは、かなり大幅なものでした。先月の値上げの時点で、フル装備のテスラモデルYは、納車と手数料を含めると米国では87,000ドルの大台に乗りました。モデルYは、テスラにとってより手頃な価格の車の1つとなるように設計されているため、これはかなり異常なことです。

tesla-model-y-blue-01
Credit:Tesla

ロイターの報道にあるように、テスラの価格上昇は非常に理解しやすいものです。テスラが車体に使用するアルミニウムから、車載バッテリーに使用するリチウムに至るまで、原材料の価格が上昇しているのです。原材料の高騰は、業界全体の半導体チップ不足と相まって、自動車メーカー全体にかなりの打撃を与えている状況と言えます。

マスク氏は、米国経済についての考えをかなり率直に述べ、景気後退に対する警告を発しながら、経済について「超悪い予感がする」と言及してきました。

しかし、テスラCEOの懸念は極めて妥当なものかもしれません。米国の消費者物価は6月に9.1%上昇し、約41年ぶりの高水準となり、ガソリンや食料などの生活必需品の価格が高止まりしています。こうした景気の逆風はテスラのような企業にも影響を与え、コスト削減や雇用計画の変更を選択する企業も出てきているのです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました