テスラ、ギガファクトリー・テキサスのモデルY生産が本格化

giga-texas05 TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

今年の4月にオープンしたギガファクトリー・テキサスにおけるテスラのモデルYの生産増強は順調に進んでいるようです。最近の報道では、このテスラ最新の電気自動車生産施設は、その生産量を週当たり数千台まで増加させたと伝えられています。この施設は今年4月に稼働開始されたばかりであることを考えると、これは素晴らしいマイルストーンです。

テスラは最近、イーロン・マスクCEOがシリコンバレーのテスラオーナーズグループとのインタビューで、ギガファクトリー・テキサスなどの同社の新しい工場は、何十億もかけて建設されたため「巨大なお金の焼却炉」だと指摘し、話題となりました。

しかし、ギガ上海のようなテスラの以前の施設と同様に、同社の施設は、車両生産が増加すれば、最終的には「マネープリンター」になる可能性があります。テスラの中国工場がそうであったように、ギガファクトリー上海は最終的にテスラの主要な車両輸出拠点にまで発展しています。

EVファンブログ「Electrek」の最近の報道によりますと、ギガ・テキサスの車両生産増強は順調に進んでいるようです。この問題に詳しいとされる関係者は、モデルYロングレンジが顧客に提供されて以来、ギガファクトリー・テキサスは現在、少なくとも週に2,000台を生産することができると同ファンブログに伝えたとされています。

他の情報筋によると、テスラはすでに週当たり5,000台もの自動車を製造しているとのこと情報もあるようです。これは極めて楽観的な見積もりであることは間違いありませんが、ギガファクトリー・テキサスのような若い施設では、週当たり2,000台の稼働率でさえも驚異的なスピードです。

ギガファクトリー・テキサスで撮影された空撮映像や写真は、この施設が活気のある拠点であることを示唆しています。ギガ・テキサスの建設を初期から追ってきたドローンオペレーターのジョー・テグマイヤー氏は、最近工場から搬入されるモデルYの数が増えていることを確認しており、また、バッテリー工場など、敷地内の他の施設の建設も活発化しているようです。

ギガファクトリー・テキサスの最近のドローンによる飛翔の様子は、以下の動画でご確認ください。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました