テスラの新型4680バッテリーセル、サムスンがパイロット生産ラインを構築中

4680cell TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

サムスンSDIは、テスラ向けの新型4680バッテリーセルを製造するための新しいパイロット生産ラインを立ち上げると報じられています。これでサムスンSDIは、テスラに新しいバッテリーセルを供給するための契約を確保しようとする3番目のメーカーになります。

サムスンSDIは、テスラに供給するバッテリーをテストするために、韓国の天安工場でパイロットラインを準備していたことが、TheElecによって明らかになりました。

バッテリーは4680シリンダーバッテリー(直径46mm、長さ80mm)で、サムスンSDIは年内にこの製造技術を検証すると、情報筋は述べています。

tesla-4680-battery-cells-and-pack
Credit:Tesla

興味深いことに、同誌は、サムスンSDIがBMW向けに、同様だが少し短いバッテリーセルの生産テストも計画していると報じています。

サムスンSDIは、新しい生産ラインで1GWh弱の容量を持つことを目指していますが、テスラが利用可能なすべてのバッテリーセルを購入すると明言したため、成功すれば大幅に生産を拡大することになります。

テスラは4680セルのバッテリーを自社でも製造していますが、同社にはバッテリー製造の経験がほとんどなく、生産増強に問題がありました。

テスラは、生産増強とサイバートラックのような新型車計画をサポートするために、新しい4680フォーマットの生産を自社生産と既存メーカーからの供給の両方に依存する計画です。

パナソニックは、テスラへのバッテリー供給が最も進んでおり、来年には量産が開始される予定とされています。

LGエナジーソリューションズも最近、テスラの4680バッテリーセルの生産に4.5億ドルを投資しています。

サムスンSDIのスケジュールは明確ではありませんが、TheElecによると、韓国で試験生産が確立された後、同社はマレーシアのセレンバンにある年間生産能力8~12GWhの工場でこの新型4680セルの生産を開始するようです。

同社は、バッテリーセル生産のために、テスラと同様の製造設備をハンファとコエムに発注しているとされています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました