イーロン・マスク、サイバートラックは「テスラ史上最高の製品」になる

cybertruck-10 TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラCEOのイーロン・マスク氏は、最新のサイバートラックが先日目撃された後、同社の「史上最高の製品」になると信じていると語りました。

サイバートラックは、今週初めに米国カリフォルニア州で開催されたモスランディング・バッテリーシステムの試運転イベントで目撃され、30X冷延ステンレス鋼の外骨格と、以前から開発されていたやや難易度の高いワイパーブレード、そして他の部分とともに、2019年後半の車両公開以降に変更された仕様で現れました。

月曜日に公開された画像と動画では、イベントに登場したサイバートラックの姿が確認でき、新たに公開されたインテリア画像では、キャビンデザインにわずかな変更が加えられていることが確認できました。新しいデザインのダッシュボードとインストルメントクラスターとともに、アクセルペダルとブレーキペダルも新しくデザインされ、モデルXのソフトウェアが搭載されているように見えました。

しかし、この未来的な電気自動車の最も顕著な変更点は、新しいフロントガラス・ワイパーです。これは、4月にテキサス州オースティンで開催されたテスラのイベント「サイバー・ロデオ」で展示された、サイバートラックのこれまでの異常に巨大なワイパー・アームに代わる新しいワイパーのことです。

イーロン・マスクCEOはあまり満足しておらず、Twitterでこの写真について以下のようにコメントしています。

「ワイパーが最も悩ましいところなのです。簡単な解決策はありません。フロントトランクに収納できる展開式のワイパーが理想的なのですが、複雑になるのです。」

何度かの延期を経て来年早々の生産開始が見込まれるサイバートラックに新たな改良が加えられたにもかかわらず、イーロン・マスクCEOは依然としてこのピックアップへの興奮を声高に叫び続けています。これまでマスク氏は、自社のすべての製品、特にモデルS Plaidを高く評価してきました。しかし、サイバートラックに対する彼の期待は、最近、短いながらも歴史を刻んできたテスラの最高の製品になると信じていると述べるなど、引き続き高水準にあるようです。

マスク氏はさらに別のツイートで、サイバートラックで気に入っているのは外観で、「未来のように見えるのです」と述べています。

cybertruck
https://twitter.com/RyanZohoury

2019年サイバートラックはデビューしました。この電動ピックアップトラックは、まもなく生産が開始されると予想されていましたが、テスラはサプライチェーンの問題や部品不足と戦いながら、生産をこれまで徐々に延期していました。サイバートラックの納車開始は2023年後半と予測されており、生産は来年初頭を予定しています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました